本文へスキップ

 

 

ICT用語の意味と同義語


【 エイピーアイ の意味 】
出典: アプリケーションプログラミングインタフェース 『フリー百科事典 ウィキペディア日本語版(Wikipedia)』 最終更新 2019年3月12日 (火) 04:02 UTC、URL: https://ja.wikipedia.org/

アプリケーションプログラミングインタフェース(API、英: Application Programming Interface)とは、広義の意味ではソフトウェアコンポーネントが互いにやりとりするのに使用するインタフェースの仕様である。APIには、サブルーチン、データ構造、オブジェクトクラス、変数などの仕様が含まれる。APIには様々な形態があり、POSIXのような国際規格、マイクロソフトのWindows APIのようなベンダーによる文書、プログラミング言語のライブラリ(例えば、C++のStandard Template LibraryやJava APIなど)がある。

[概要]
広義のAPIでは単なるライブラリーのインターフェースを含むかどうかにばらつきがあるなど定義が曖昧であるため、ここでは狭義のAPIについて説明する。前述のとおりAPIはサービスがサービスを利用するアプリケーションに提供するためのインターフェースである。APIの重要な役割はサービス提供者が公式に仕様を定義し管理している操作方法(インターフェース)を提供することである。APIは多くの場合アプリケーションを構築する言語と同じ言語のライブラリーとして(HTTPやXMLなどを組み合わせたプロトコル形式の場合もある)提供され、サービス開発者によって提供・管理される。 ・・・

【 ICT用語辞典へ(外部リンク)】

アプリケーションプログラミングインタフェース (Wikipedia)

【 エイピーアイ の同義語と関連語 】
< 1 >
API `æpləkéɪʃən próʊɡræ̀mɪŋ ˈɪntɚˌfeɪs API共通規約 Application Program Interface
Application Programming Interface application program interface application programming interface アピ
アプリィケイシュン プロウグラェミング インタゥフェイス アプリィケイシュン・プロウグラェミング・インタゥフェイス アプリケーション プログラミング インターフェース アプリケーション プログラム インターフェース
アプリケーション・プログラミング・インターフェース アプリケーション・プログラム・インターフェース アプリケーションプログラミングインターフェース アプリケーションプログラムインターフェース
エイピーアイ エーピーアイ









interface Java API Windows API インターフェース
ソフトウェアインターフェース 日本語 オーエスツー アプリケーション・プログラミング・インターフェース共通規約 日本語MS OS/2 API共通規約 日本語OS/2 API共通規約
日本語エムエス オーエスツー アプリケーション・プログラミング・インターフェース共通規約





















ICT用語索引
記号 数字 A B C
D E F G H
I J K L M
N O P Q R
S T U V W
X Y Z

ワ・ヲ        

ICT用語辞典リンク集
ICT用語解説サイト120

バナースペース

パステム