本文へスキップ

 

 

ICT用語の意味と同義語


【 エーエムディー センプロン 210U プロセッサー の意味 】
出典: Athlon Neo 『フリー百科事典 ウィキペディア日本語版(Wikipedia)』 最終更新 2016年11月29日 (火) 14:07 UTC、URL: https://ja.wikipedia.org/

Athlon Neo (アスロン ネオ、AMD Athlon Neo Processor for Ultrathin Notebooks)は、2009年1月6日にAMDが超薄型モバイルPC用プラットフォームYukonとともに発表したマイクロプロセッサである。発表前は「Huron」のコードネームで呼ばれていた。

[製品]
Huron
 超薄型モバイルPC向けプラットフォームYukonに対応しているCPU。
● 製造プロセスルール:65nm SOI
● L1 キャッシュ:64 + 64 KiB
● 対応ソケット:ASB1
● コア数:1

【 ICT用語辞典へ(外部リンク)】

Athlon Neo (Wikipedia)

【 エーエムディー センプロン 210U プロセッサー の同義語と関連語 】
< 1 >
AMD Sempron 210U Processor AMD CPU Sempron 210U AMD Sempron 210U AMD Sempron 210U CPU
AMD Sempron プロセッサ 210U Sempron 210U Sempron 210Uプロセッサ エーエムディー センプロン 210U
エーエムディー センプロン 210U プロセッサー センプロン 210U

















1.5GHz 1Core 256KB L2 65nm
AMD Athlon Neo Processor for Ultrathin Notebooks Huron Single Core Socket ASB1
TDP 15W Yukon Yukonプラットフォーム アスロン ネオ
ソケットASB1 ヒューロン
















ICT用語索引
記号 数字 A B C
D E F G H
I J K L M
N O P Q R
S T U V W
X Y Z

ワ・ヲ        

ICT用語辞典リンク集
ICT用語解説サイト120

バナースペース

パステム