本文へスキップ

 

 

ICT用語の意味と同義語


【 エーオーエル の意味 】
出典: AOL 『フリー百科事典 ウィキペディア日本語版(Wikipedia)』 最終更新 2019年4月13日 (土) 08:20 UTC、URL: https://ja.wikipedia.org/

AOL(エーオーエル)は、アメリカ合衆国の大手インターネットサービス会社、あるいは同社がアメリカを中心に世界各国で提供するインターネット接続サービス・ポータルサイトの名称である。2017年6月、ベライゾンが買収したYahoo!と統合し新たにOathとなった。

[概要]
 ・・・ 1997年9月にCompuServeを、1998年にネットスケープコミュニケーションズを買収。また、2000年にタイム・ワーナー(タイム (雑誌)・CNN・ワーナー・ブラザース等を傘下に持つ)を買収し、世界最大の複合企業体になった。しかしITバブル崩壊によってAOL単体での業績が悪化すると同グループ内での影響力を失い、2002年以降はタイム・ワーナーの一部門として位置づけられるようになった。「世紀の結婚」などと言われたタイム・ワーナーとの合併であったが、新興勢力の台頭の中で業績は伸び悩み、2009年12月9日にタイム・ワーナーと正式に合併を解消、独立企業として再出発した。 ・・・

【 ICT用語辞典へ(外部リンク)】

America Online (コトバンク)
AOL (Wikipedia)

【 エーオーエル の同義語と関連語 】
< 1 >
AOL America Online America Online, Inc. American Online
AOL Time Waener社 AOL Time Warner PC-Link Q-Link
アメリカ オンライン アメリカ・オンライン アメリカオンライン エーオーエル
米America Online社 米アメリカ オンライン社













1997年9月CompuServe社を買収 1998年Netscape Communications社を買収 2000年1月Time Warnerと合併 2009年12月タイム・ワーナーと合併解消
AOLジャパン CompuServe社 ISP Netscape Communications社
Quantum Cpmputer Service社 Steve Case Steve Case氏 Time Warner
Time Warner社 イー・アクセス エーオーエル・ジャパン















ICT用語索引
記号 数字 A B C
D E F G H
I J K L M
N O P Q R
S T U V W
X Y Z

ワ・ヲ        

ICT用語辞典リンク集
ICT用語解説サイト120

バナースペース

パステム