本文へスキップ

 

 

ICT用語の意味と同義語


【 エーティー・コンパチブル・マシン の意味 】
出典: PC/AT互換機 『フリー百科事典 ウィキペディア日本語版(Wikipedia)』 最終更新 2018年7月16日 (月) 05:51 UTC、URL: https://ja.wikipedia.org/

PC/AT互換機(ピーシーエーティーごかんき、英語: IBM PC/AT Compatibles)とは、IBM PC ATの互換機であるパーソナルコンピュータ(PC)であり、広義にはその後の拡張を含めたアーキテクチャの総称。16ビット以降のPCのデファクトスタンダードとなった。世界的にはIBM PC互換機、単にPCとも呼ばれる。日本ではDOS/V機などとも呼ばれる。 ・・・
出典: PC/AT 『フリー百科事典 ウィキペディア日本語版(Wikipedia)』 最終更新 2018年3月17日 (土) 00:39 UTC、URL: https://ja.wikipedia.org/

IBM PC AT(IBMピーシーエーティー、英語: IBM Personal Computer AT)は1984年にIBMが発売したパーソナルコンピュータ。型番は「IBM 5170」。略称はPC AT、PC/AT、AT等。前身はIBM PC XT、後継はIBM PS/2。なお当アーキテクチャを継承した各社による製品群はPC/AT互換機を参照。

[概要] PC/ATは、IBM PCおよびIBM PC XTの後継機種として登場した。Intel 80286を搭載し、システムバス(拡張スロット)を16ビット化(ATバス。後にISAとして規定された)し、ビデオ(グラフィック)にEGAを搭載した。初代IBM PCと同様に、オープンアーキテクチャを採用し、内部仕様の多くが公開されたため、Compaq、Dellなど多くのメーカーからPC/AT互換機が発売された。 ・・・

【 ICT用語辞典へ(外部リンク)】

PC/AT互換機 (Wikipedia)
PC/AT (Wikipedia)

【 エーティー・コンパチブル・マシン の同義語と関連語 】
< 1 >
PC/AT互換機 AT compatible machine AT互換機 DOS/Vパソコン
DOS/V機 IBM PC AT互換機 IBM PC/AT Compatibles IBM PC/AT互換機
IBM PC互換機 IBMコンパチ IBM互換パソコン IBM互換機
PC PC AT互換機 アイビーエム・ピーシー・エーティー・カゥンパタブルゥズ エーティー・カゥンパタブルゥ・マゥシーン
エーティー・コンパチブル・マシン ピーシーエーティーごかんき









Advanced Technology AT AT form factor ATマザーボード
Full AT IBM 5170 IBM PC AT IBM Personal Computer AT
IBM Personal Computer/Advanced Technologies IBM Personal Computer/AT IBMピーシーエーティー PC AT
PC/AT Personal Computer/Advanced Technology エーティー ピーシーエーティー
先進技術













ICT用語索引
記号 数字 A B C
D E F G H
I J K L M
N O P Q R
S T U V W
X Y Z

ワ・ヲ        

ICT用語辞典リンク集
ICT用語解説サイト120

バナースペース

パステム