本文へスキップ

 

 

ICT用語の意味と同義語


【 エーティーアールエーシィースリー の意味 】
出典: ATRAC3 『通信用語の基礎知識』 更新年月日 2011/05/18,URL: https://www.wdic.org

ソニーが開発した音声圧縮技術の一つ。

[概要] 1999(平成11)年に、携帯音楽プレイヤー用として開発された。従来のミニディスク用ATRACの改良で、倍の圧縮率を実現した(ATRAC2と同等)。加えて、ソニーの開発した著作権保護技術MagicGateと組み合わせ、音楽配信用にも利用されている。

[技術] ATRAC3のエンコードは帯域分割フィルターとMDCT(変形離散コサイン変換)を組み合わせ、4つの周波数帯域(0〜5.51/〜11.03/〜16.54/〜22.05kHz)に分割した信号をスペクトル信号に変換した上でトーン信号を抽出し、残りの非トーン成分と個別に信号の特性に応じて符号化する。前半はmp3と同様だが、後半の符号化手法のおかげで「mp3エンコーダーより軽い処理で」音質を落とさずにエンコードが可能なのが特徴の一つである。 ・・・
出典: ATRAC 『フリー百科事典 ウィキペディア日本語版(Wikipedia)』 最終更新 2018年10月9日 (火) 00:43 UTC、URL: https://ja.wikipedia.org/

ATRAC(アトラック、Adaptive TRansform Acoustic Coding)は、ソニーが開発したオーディオの非可逆圧縮技術・規格名、および後年開発された関連技術群の総称。いずれも、ソニーグループや、その他家電系メーカーの開発した規格・製品で主に利用される。

[ATRAC3 / ATRAC3plus] ATRAC3(アトラック・スリー)は、ATRAC2をベースに開発された技術・規格で、1999年に発表された。音声は0~2.75625kHz、2.75625~5.5125kHz、5.5125~11.025kHz、11.025~22.05kHzと帯域ごとに4分割される。ビットレートは通常、132kbps、105kbps、66kbpsの3種類が使われる。このうち66kbpsはJoint Stereoを併用することでビットレートの不足を補っている。 ・・・

【 ICT用語辞典へ(外部リンク)】

ATRAC3 (通信用語の基礎知識)
ATRAC (Wikipedia)

【 エーティーアールエーシィースリー の同義語と関連語 】
< 1 >
ATRAC3 Adaptive TRansform Acoustic Coding 3 アェダェプティヴ・トゥラェンスフォーァム・アクーステック・コーディング・スゥリー アダプティブ・トランスフォーム・アコーステック・コーディング・スリー
アトラック・スリー アトラック3 アトラックスリー エーティーアールエーシィースリー




















Adaptive TRansform Acoustic Coding ATRAC ATRAC Advanced Lossless ATRAC1
ATRAC2 ATRAC3plus ATRAC技術 ATRAC系コーデック
audio compression MD MDLP アトラック
アトラック3プラス 音楽データ圧縮技術 音楽配信サービス 音声圧縮
音声圧縮技術 音声圧縮符号化 音声圧縮符号化技術 非可逆圧縮
非可逆音声圧縮









ICT用語索引
記号 数字 A B C
D E F G H
I J K L M
N O P Q R
S T U V W
X Y Z

ワ・ヲ        

ICT用語辞典リンク集
ICT用語解説サイト120

バナースペース

パステム