本文へスキップ

 

 

ICT用語の意味と同義語


【 エーピーケーファイル の意味 】
出典: APK (ファイル形式) 『フリー百科事典 ウィキペディア日本語版(Wikipedia)』 最終更新 2017年9月14日 (木) 13:51 UTC、URL: https://ja.wikipedia.org/

APK (Android application package、アンドロイドアプリケーションパッケージ、エーピーケー )とは、Googleによって開発されたAndroid専用ソフトウェアパッケージのファイルフォーマットである。JARファイルをベースとしたZIP形式で、アーカイブファイルの一種である。APKファイルは、UbuntuやDebianなどのオペレーティングシステムで使われるDEBファイルや、Windowsのインストーラーで使われるMSIファイルと特徴が似ている。 ・・・

【 ICT用語辞典へ(外部リンク)】

APK (ファイル形式) (Wikipedia)

【 エーピーケーファイル の同義語と関連語 】
< 1 >
エーピーケーファイル .APK .apk .apkファイル
Android application package APK APKファイル APKフォーマット
APK形式 file extension .apk アンドゥロイドゥ・アプリィケイシュン・パェケイジ アンドロイド アプリケーション パッケージ
アンドロイド・アプリケーション・パッケージ アンドロイドアプリケーションパッケージ エーピーケー












file extension 拡張子




























ICT用語索引
記号 数字 A B C
D E F G H
I J K L M
N O P Q R
S T U V W
X Y Z

ワ・ヲ        

ICT用語辞典リンク集
ICT用語解説サイト120

バナースペース

パステム