本文へスキップ

 

 

ICT用語の意味と同義語


【 エーシー の意味 】
出典: 拡張子 『フリー百科事典 ウィキペディア日本語版(Wikipedia)』 最終更新 2019年3月26日 (火) 01:00 UTC、URL: https://ja.wikipedia.org/

 拡張子(かくちょうし、英語: filename extension)とは、ファイルの種類を識別するためにファイルの名前(ファイル名)の末尾につけられる文字列。ファイル名の本体と拡張子は "."(ピリオド、ドット)で区切られ、拡張子はアルファベットと数字の組み合わせで、歴史的には3文字以内が好まれたが、それ以上の場合もある。拡張子は、オペレーティングシステム (OS) においてファイルの判別のために任意につけられるもので、必ずしも必須ではない。拡張子が適切でない場合は、システムまたはアプリケーションソフトウェアの動作に影響を及ぼす場合がある。 .tar.gzのように複数のピリオドで区切っているケースもあるが、最後のピリオド以降を拡張子と判断するシステムが一般的である。

[拡張子の由来]
 拡張子は、もともとはDECのオペレーティングシステム (OS) 、たとえば、TOPS-10、OS/8やRT-11に利用されていた。その後、CP/Mでも採用された。CP/Mのファイル名は8+3バイトの構成になっており、後ろの3バイトが拡張子と呼ばれた。さらにCP/Mと互換性を取るため、MS-DOSやOS/2、Windowsなどに受け継がれた。現在のWindowsでは3バイトの制限はない。 ・・・

【 ICT用語辞典へ(外部リンク)】

拡張子 (Wikipedia)

Dynabook Direct Dynabook Direct
【 エーシー の同義語と関連語 】
< 1 >
.ac .AC .ACファイル .acファイル
AC ac ACファイル Attribute Certificate File
File Extension .ac アトゥリビュートゥ サティフェケットゥ ファイル アトゥリビュートゥ・サティフェケットゥ・ファイル アトリビュート サティフィケート ファイル
アトリビュート・サティフィケート・ファイル エーシー













file extension fάɪl eksténʃən ファイルゥ・エクステンシュン ファイル・エクステンション
拡張子 ファイル拡張子 アクセス権限証明ファイル






















【 エーシー の同義語と関連語 】
< 2 >
AC Alternating Current alternating current エーシー
交流






















































ICT用語索引
記号 数字 A B C
D E F G H
I J K L M
N O P Q R
S T U V W
X Y Z

ワ・ヲ        
背景薄緑色の文字が編集完了です
ICT用語辞典リンク集
ICT用語解説サイト120

バナースペース

パステム