本文へスキップ

 

 

ICT用語の意味と同義語


【 エーティー・コンパチブル・マシン の意味 】
出典: PC/AT互換機 『フリー百科事典 ウィキペディア日本語版(Wikipedia)』 最終更新 2018年7月16日 (月) 05:51 UTC、URL: https://ja.wikipedia.org/

PC/AT互換機(ピーシーエーティーごかんき、英語: IBM PC/AT Compatibles)とは、IBM PC ATの互換機であるパーソナルコンピュータ(PC)であり、広義にはその後の拡張を含めたアーキテクチャの総称。16ビット以降のPCのデファクトスタンダードとなった。世界的にはIBM PC互換機、単にPCとも呼ばれる。日本ではDOS/V機などとも呼ばれる。 ・・・
出典: PC/AT 『フリー百科事典 ウィキペディア日本語版(Wikipedia)』 最終更新 2018年3月17日 (土) 00:39 UTC、URL: https://ja.wikipedia.org/

IBM PC AT(IBMピーシーエーティー、英語: IBM Personal Computer AT)は1984年にIBMが発売したパーソナルコンピュータ。型番は「IBM 5170」。略称はPC AT、PC/AT、AT等。前身はIBM PC XT、後継はIBM PS/2。なお当アーキテクチャを継承した各社による製品群はPC/AT互換機を参照。

[概要] PC/ATは、IBM PCおよびIBM PC XTの後継機種として登場した。Intel 80286を搭載し、システムバス(拡張スロット)を16ビット化(ATバス。後にISAとして規定された)し、ビデオ(グラフィック)にEGAを搭載した。初代IBM PCと同様に、オープンアーキテクチャを採用し、内部仕様の多くが公開されたため、Compaq、Dellなど多くのメーカーからPC/AT互換機が発売された。 ・・・

【 ICT用語辞典へ(外部リンク)】

PC/AT互換機 (Wikipedia)
PC/AT (Wikipedia)

デル株式会社 デル株式会社
【 エーティー・コンパチブル・マシン の同義語と関連語 】
< 1 >
PC/AT互換機 AT compatible machine éɪtíː kəmpˈæṭəbl məʃíːn エーティー カゥンパタブルゥ マゥシーン
エーティー・カゥンパタブルゥ・マゥシーン エーティー コンパチブル マシン エーティー・コンパチブル・マシン AT互換機
PC AT互換機 IBM PC AT互換機 IBM PC/AT Compatibles IBM PC/AT互換機
IBM PC互換機 IBMコンパチ IBM互換パソコン IBM互換機
PC アイビーエム・ピーシー・エーティー・カゥンパタブルゥズ ピーシーエーティーごかんき DOS/V機
DOS/Vパソコン






Advanced Technology AT AT form factor ATマザーボード
Full AT IBM 5170 IBM PC AT IBM Personal Computer AT
IBM Personal Computer/Advanced Technologies IBM Personal Computer/AT IBMピーシーエーティー PC AT
PC/AT Personal Computer/Advanced Technology エーティー ピーシーエーティー
先進技術 compatible kəmpˈæṭəbl
カゥンパェタゥボルゥ コンパチブル 互換性のある 互換の
相性が良い





ICT用語索引
記号 数字 A B C
D E F G H
I J K L M
N O P Q R
S T U V W
X Y Z

ワ・ヲ        
背景薄緑色の文字が編集完了です
ICT用語辞典リンク集
ICT用語解説サイト120

バナースペース

パステム