本文へスキップ

 

 

ICT用語の意味と同義語


【 液相エピタキシー法 の意味 】
出典: エピタキシャル成長 『フリー百科事典 ウィキペディア日本語版(Wikipedia)』 最終更新 2016年10月25日 (火) 14:21 UTC、URL: https://ja.wikipedia.org/

エピタキシャル成長(英語:epitaxial growth)とは、薄膜結晶成長技術のひとつである。基板となる結晶の上に結晶成長を行い、下地の基板の結晶面にそろえて配列する成長の様式である。基板と薄膜が同じ物質である場合をホモエピタキシャル、異なる物質である場合をヘテロエピタキシャルと呼ぶ。結晶成長の方法として分子線エピタキシー法や有機金属気相成長法、液相エピタキシー法などがある。エピタキシャル成長が起こるには格子定数のほぼ等しい結晶を選ぶ必要があり、温度による膨張係数の近い物でなくてはならない。 ・・・

【 ICT用語辞典へ(外部リンク)】


【 液相エピタキシー法 の同義語と関連語 】
< 1 >
Epitaxial Growth epitaxial growth epitaxy エピタキシ
エピタキシアルゥ・グロウスゥ エピタキシャル成長 ヘテロエピタキシャル ホモエピタキシャル
液相エピタキシー法 分子線エピタキシー法 有機金属気相成長法















































ICT用語索引
記号 数字 A B C
D E F G H
I J K L M
N O P Q R
S T U V W
X Y Z

ワ・ヲ        

ICT用語辞典リンク集
ICT用語解説サイト120

バナースペース

パステム