本文へスキップ

 

 

ICT用語の意味と同義語


【 エーピー の意味 】
出典: アクセスポイント (ISP) 『フリー百科事典 ウィキペディア日本語版(Wikipedia)』 最終更新 2009年8月6日 (木) 13:46 UTC、URL: https://ja.wikipedia.org/

 アクセスポイントとは、電話回線で、パソコン通信やインターネットサービスプロバイダなどへアクセスするためのダイヤルアップ接続先の電話番号、または電話番号が設定されている地域を指す。パソコン通信が開始された1980年代から1990年代末期までは、一般家庭などからパソコン通信のホストやインターネットへアクセスする場合、ほとんどのケースではアナログ回線やISDN回線などの一般的な電話回線を使い、発信場所から最も近いアクセスポイントへ接続を行い通信をすることが主流であった。 ・・・

【 ICT用語辞典へ(外部リンク)】

アクセスポイント (ISP) (Wikipedia)

マウスコンピューター高性能ノートパソコン特集 マウスコンピューター/G-Tune
【 エーピー の同義語と関連語 】
< 1 >
アクセスポイント Access Point AP éɪ píː
エイピー エーピー アクセス ポイント アクセス・ポイント
アナログ&ISDN対応アクセスポイント 接続拠点 全国共通アクセスポイント














































【 エーピー の同義語と関連語 】
< 2 >
アプリケーション AP éɪ píː エイピー
エーピー APP éɪ éɪ éɪ エイピーピー
エーピーピー Application application `æpləkéɪʃən
アプリィケイシュン アプリケイション 応用 適用
活用 利用









































ICT用語索引
記号 数字 A B C
D E F G H
I J K L M
N O P Q R
S T U V W
X Y Z

ワ・ヲ        
背景薄緑色の文字が編集完了です
ICT用語辞典リンク集
ICT用語解説サイト120

バナースペース

パステム