本文へスキップ

 

 

ICT用語の意味と同義語


【 エーピーエル の意味 】
出典: APL 『フリー百科事典 ウィキペディア日本語版(Wikipedia)』 最終更新 2018年10月19日 (金) 20:22 UTC、URL: https://ja.wikipedia.org/

 APL(エーピーエル)は、プログラミング言語のひとつで、1957年のケネス・アイバーソンによる創案に基づいた独特の表記法を用いる。処理系の実装は、ほとんどが対話型インタプリタである。とくに多次元配列の柔軟な処理が特徴である。「APL」は「プログラミング言語」(a programming language) の略であるが、言語の特性から、ときに「配列処理言語」(array processing language) などとされる。

[概要]
 APLは他の多くのプログラミング言語と異なり、「APL記号」と呼ばれる特殊な記号を用いるが、これにより計算式をきわめて簡潔(過ぎるほど)に記述できる。特殊な記号の扱いに関しては、キーボードからの入力については、これを支援するためキートップに貼るシールや交換用キーキャップ、はては専用キーボードもある。 ・・・

【 ICT用語辞典へ(外部リンク)】

APL (Wikipedia)

Microsoft Public Affiliate Program (JP)(マイクロソフトアフィリエイトプログラム)
【 エーピーエル の同義語と関連語 】
< 1 >
APL éɪ píː él エイピーエル エーピーエル
ə; próʊɡræ̀mɪŋ lˈæŋgwɪdʒ A Programming Language a programming language アゥ プロウグラェミング ラェングウィッジ
アゥ・プロウグラェミング・ラェングウィッジ エイ プログラミング ラゥングウィッジ エイ・プログラミング・ラゥングウィッジ エイ プログラミング ランゲージ
エイ・プログラミング・ランゲージ array processing language əréɪ prɑ́sɛsɪŋ lˈæŋgwɪdʒ アゥレイ プロセシィング ラェングウィッジ
アゥレイ・プロセシィング・ラェングウィッジ アレイ・プロセシィング・ラゥングウィッジ アレイ・プロセシング・ランゲージ アレー・プロセシング・ラングエージ
APL/86 APL/PC APL\80 α-APL
日本語APL 配列処理言語

APL記号






























ICT用語索引
記号 数字 A B C
D E F G H
I J K L M
N O P Q R
S T U V W
X Y Z

ワ・ヲ        
背景薄緑色の文字が編集完了です
ICT用語辞典リンク集
ICT用語解説サイト120

バナースペース

パステム