本文へスキップ

 

 

ICT用語の意味と同義語


【 エーピーダブリュ の意味 】
出典: APW法 『フリー百科事典 ウィキペディア日本語版(Wikipedia)』 最終更新 2017年5月6日 (土) 17:24 UTC、URL: https://ja.wikipedia.org/

 APW法 (英: Augmented Plane Wave method) は、1937年にジョン・クラーク・スレイターによって発明されたバンド計算手法で、マフィンティンポテンシャルを用いて電子状態計算を行う。それまでのセルラー法の難点を改良した。日本語の直訳で、補強された平面波による方法、補強された平面波法などと言われることもある。基底関数はマフィンティン半径の外側(格子間領域と言う)では平面波が採用され、マフィンティン半径の内側では補強された平面波(球面波成分を含む)を用いる。 ・・・

【 ICT用語辞典へ(外部リンク)】

APW法 (Wikipedia)

Microsoft Public Affiliate Program (JP)(マイクロソフトアフィリエイトプログラム)
【 エーピーダブリュ の同義語と関連語 】
< 1 >
APW法 APW éɪ píː dˈʌbljuː エイピーエスダブリュー
Augmented Plane Wave method Augmented plane wave method augmented plane wave method アーグメンティドゥ プレゥイン ウェイヴ メセァッドゥ
アーグメンティドゥ・プレゥイン・ウェイヴ・メセァッドゥ エーピーダブリュ オーグメンティド・プレーン・ウェーブ・メソッド 補強された平面波による方法
補強された平面波法














Augmented ɑɡmɛ́ntəd アーグメンティドゥ オーグメンティッド
増加させた 増大させた 補強された
Plane pléɪn プレィイン プレイン
平らな 平面 平坦な
















ICT用語索引
記号 数字 A B C
D E F G H
I J K L M
N O P Q R
S T U V W
X Y Z

ワ・ヲ        
背景薄緑色の文字が編集完了です
ICT用語辞典リンク集
ICT用語解説サイト120

バナースペース

パステム