本文へスキップ

 

 

ICT用語の意味と同義語


【 エーピーティー の意味 】
source of reference: APT(プログラミング言語) (The Free Encyclopedia WikipediA) last edited 21 May 2019, at 23:18 UTC, URL: https://en.wikipedia.org/
Automatic translation

 APTまたは自動プログラムツールは、数値制御工作機械用の命令を生成するために最も一般的に使用される高レベルのコンピュータープログラミング言語です。 ダグラスT.ロスは、多くの人にAPTの父と見なされています。1956年にMITのサーボ機構研究所の新しく作成されたコンピューターアプリケーショングループの責任者として、彼はその技術的努力を主導しました。 APTは、数値制御製造を可能にする言語およびシステムです。 この初期の言語は1970年代を通じて広く使用され、現在でも国際標準となっています。APTの派生物は後に開発されました。...

[概要]
 APTは、数値制御の工作機械をプログラムして、宇宙を移動する切削工具を使用して複雑な部品を作成するために使用されます。 目的のフォームを生成するためにツールが従わなければならないパスを計算するために使用されます。 APTは特殊な目的の言語であり、現代のCAMシステムの前身です。 1950年代後半から1960年代初頭に作成および改良され、航空宇宙産業で必要な複雑な部品を切断するためにツールが空間内を移動する必要があるジオメトリポイントの計算タスクを簡素化しました。 ・・・
source of reference: APT (programming language) (The Free Encyclopedia WikipediA) last edited 21 May 2019, at 23:18 UTC, URL: https://en.wikipedia.org/

APT or Automatically Programmed Tool is a high-level computer programming language most commonly used to generate instructions for numerically controlled machine tools. Douglas T. Ross is considered by many to be the father of APT: as head of the newly created Computer Applications Group of the Servomechanisms Laboratory at MIT in 1956, he led its technical effort. APT is a language and system that makes numerically controlled manufacturing possible. This early language was used widely through the 1970s and is still a standard internationally. Derivatives of APT were later developed...
出典: 標的型攻撃 『フリー百科事典 ウィキペディア日本語版(Wikipedia)』 最終更新 2016年5月11日 (水) 16:44 UTC、URL: https://ja.wikipedia.org/

 標的型攻撃(英 Targeted threat もしくは Targeted attack)は、特定の組織内の情報を狙って行われるサイバー攻撃の一種であり、その組織の構成員宛てにコンピュータウイルスが添付された電子メールを送ることなどによって開始される 。 以降も持続的に潜伏して行われる標的型攻撃はAPT攻撃(Advanced Persistent Threat)と呼ばれている。標的型攻撃の対象とされる組織は、政府/公共サービス機関、製造業が多く、価値の高い知的財産を保有している組織が対象になっている 。ちなみに、より広く「情報セキュリティ上の攻撃で、無差別に攻撃が行われるものでなく、特定の組織あるいはグループを標的としたもの」と定義する文献もある。この場合、サービス妨害攻撃も標的型攻撃に含まれることになる。

[概要]
 標的型攻撃は、明確な意思と目的を持った人間(攻撃者)が特定の組織に対して特定の目的(情報の窃取や削除)のために行うサイバー攻撃の一種をいうようになっている。 ・・・

【 ICT用語辞典へ(外部リンク)】

APT (programming language) (Wikipedia)
APT (コトバンク)
標的型攻撃 (Wikipedia)

デル株式会社 デル株式会社
【 エーピーティー の同義語と関連語 】
< 1 >
Advanced Packaging Tool APT エーピーティー パッケージ管理システム






















































【 エーピーティー の同義語と関連語 】
< 2 >
APT Automatically Programmed Tools automatically programmed tools `ɔːṭəmˈæṭɪkəli próʊɡræ̀md tuːlz
オァードゥマディクリィー プロウグラェムドゥ トゥールゥズ オァードゥマディクリィー・プロウグラェムドゥ・トゥールゥズ オートマティクリー プログラムド ツールズ オートマティクリー・プログラムド・ツールズ
アプト エーピーティー 自動プログラムツール
















EXAPT extended subset of APT 数値制御


























【 エーピーティー の同義語と関連語 】
< 3 >
APT攻撃 APT Advanced Persistent Threats ədvˈænst pərsístənt θrɛ́ts
アゥドゥヴェンストゥ パゥーシスタゥントゥ スゥレッツ アゥドゥヴェンストゥ・パゥーシスタゥントゥ・スゥレッツ アドバーンスト パシステント スレッツ アドバーンスト・パシステント・スレッツ
Attack Persistent Threat Targeted attack Targeted threat アタック・パシスタントゥ・スレッツ
アドゥヴァンストゥ・パゥーシスタゥントゥ・スレットゥ ウォータリングホール攻撃 エーピーティー スピアフィッシング
AxDecrypt.exe Darkhotel Darkhotelウイルス
Darkhotelマルウェア ダークホテル ダークホテル攻撃 高級ホテル




サイバー攻撃 ハッキング攻撃 持続的標的型攻撃 標的型攻撃
Advanced ədvˈænst アゥドゥヴェンストゥ
アドゥヴァンストゥ アドバーンスト 高度な 先進的な
Persistent pərsístənt パゥーシスタゥントゥ
パシステント しつこい 頑固な 持続的な
Threats θrɛ́ts スゥレッツ
スレッツ 脅威





ICT用語索引
記号 数字 A B C
D E F G H
I J K L M
N O P Q R
S T U V W
X Y Z

ワ・ヲ        
背景薄緑色の文字が編集完了です
ICT用語辞典リンク集
ICT用語解説サイト120

バナースペース

パステム