本文へスキップ

 

 

ICT用語の意味と同義語


【 エスティーてん の意味 】
出典: S/T点 『通信用語の基礎知識』 更新年月日 2008/06/18,URL: https://www.wdic.org

基本インターフェイス(BRI)の参照構成モデルにおける参照点。DSUとISDN機器(TAなど)、またはISDN機器同士を接続するためのインターフェイス。

[概要] T点とS点は、実際には同一のインターフェイスである。DSUから出てくるのがT点で、T点に接続したPBX等から出てくるのがS点であるが、一般家庭ではPBX等を導入していないことから両者を区別する必要が無いため、両者合わせてS/T点と呼ぶ。

[特徴] S/T点で使用するケーブルは、Ethernetと同じRJ-45で、8極4芯モジュラージャックで接続される。一見Ethernet用と同様であるがケーブルの特性が全く違い、BRIではカテゴリー2(1Mbpsの通信を想定したもの)が使われている。このケーブルは4-5/3-6のペアで、10BASE-Tや100BASE-TX(1-2/3-6のペア)とは違う。また、このケーブルはツイストペアになっていないため、誤ってEthernetの配線に使用してしまうと通信エラーが頻発することになるので注意が必要である。 ・・・

【 ICT用語辞典へ(外部リンク)】

S/T点 (通信用語の基礎知識)

【 エスティーてん の同義語と関連語 】
< 1 >
S/T点 ISDN S/T点 ISDN T点 S/T Point
アイエスディーエヌティー点 エスティー・ポイント エスティーてん




















6極2芯 ISDN R点 ISDN U点 アイエスディーエヌアール点
アイエスディーエヌユー点

























ICT用語索引
記号 数字 A B C
D E F G H
I J K L M
N O P Q R
S T U V W
X Y Z

ワ・ヲ        

ICT用語辞典リンク集
ICT用語解説サイト120

バナースペース

パステム