本文へスキップ

 

 

ICT用語の意味と同義語


【 エフタープ の意味 】
出典: アジア太平洋自由貿易圏 『フリー百科事典 ウィキペディア日本語版(Wikipedia)』 最終更新 2018年3月17日 (土) 07:50 UTC、URL: https://ja.wikipedia.org/

アジア太平洋自由貿易圏(アジアたいへいようじゆうぼうえきけん、英:Free Trade Area of the Asia-Pacific、略称:FTAAP(エフタープ))とは、アジア太平洋ワイド(APEC地域)の自由貿易圏を指す用語。

[概要]
アジア太平洋自由貿易圏(FTAAP)は、アジア太平洋地域において、関税や貿易を制限する措置を取り除くことで、経済上、幅広い分野での連携の強化を目指す構想。APECは、貿易投資自由化の長期的な目標として、1994年のインドネシアAPEC首脳会議で合意された「ボゴール目標」を掲げている。ボゴール目標は、2020年までに、APECの地域経済を全て統合させること。これは、WTOのドーハ・ラウンド交渉が難航したという要因がある。 2006年のAPEC首脳会議において、「FTAAP構想に関する研究」を開始することが合意された。 ・・・

【 ICT用語辞典へ(外部リンク)】

アジア太平洋自由貿易圏 (Wikipedia)

【 エフタープ の同義語と関連語 】
< 1 >
アジア太平洋自由貿易圏 fríː tɹeɪd ériə əv ðiː éɪʃə pəsífɪk Free Trade Area of the Asia-Pacific FTAAP
アジアたいへいようじゆうぼうえきけん エフタープ フリー・トゥレードゥ・エゥリアゥ・オヴ・ジィ・エイジャ・パゥシィフィック フリー・トレード・エリア・オブ・ジィ・アジア・パシフィック



















































ICT用語索引
記号 数字 A B C
D E F G H
I J K L M
N O P Q R
S T U V W
X Y Z

ワ・ヲ        

ICT用語辞典リンク集
ICT用語解説サイト120

バナースペース

パステム