本文へスキップ

 

 

ICT用語の意味と同義語

【 エドワード・ヨードン の意味 】
出典: デスマーチ 『フリー百科事典 ウィキペディア日本語版(Wikipedia)』 最終更新 2019年7月2日 (火) 13:26 UTC、URL: https://ja.wikipedia.org/

 デスマーチ (death march) とは、プロジェクトにおいて過酷な労働状況をいう。本来は、コンピュータプログラマのアンドリュー・ケーニッヒによって1995年に示された、コンピュータシステムのアンチパターンのうち、プロジェクトマネジメント上の問題点の1つとして示した言葉である。日本語では、しばしば「デスマ」と略される。ソフトウェア産業に限らず、コンピュータが関係する一般的なプロジェクト全般で使われるようになってきており、特に納期などが破綻寸前で、関係者の負荷が膨大になったプロジェクトの状況を表現するのに使われる。「死の行進」「死の行軍」等とも呼ばれる。

[概要]
 デスマーチとは、長時間の残業や徹夜・休日出勤の常態化といった、プロジェクトメンバーに極端な負荷・過重労働を強い、通常の勤務状態では成功する可能性がとても低いプロジェクト、およびこれに参加させられている状況を主に指す。 ・・・



【 他のICT用語辞典へ(外部リンク)】

デスマーチ (Wikipedia)



【 エドワード・ヨードン の同義語と関連語 】
< 1 >
デスマーチ death march déθ mάɚtʃ デスゥ マーァチ
デスゥ・マーァチ デス マーチ デス・マーチ オーバーワーク
デスマ デスマーチ・プロジェクト 過酷なプロジェクト環境 過酷な労働環境
過酷な労働状況 過重労働 過労死 死の行軍
死の行進 人員不足









Edward Yourdon アンドリュー・ケーニッヒ エドワード・ヨードン 自殺
予算不足


























ICT用語索引
記号 数字 A B C
D E F G H
I J K L M
N O P Q R
S T U V W
X Y Z

ワ・ヲ        
背景薄緑色の文字が編集完了です
ICT用語辞典リンク集
ICT用語解説サイト120

バナースペース

パステム