本文へスキップ

 

 

ICT用語の意味と同義語


【 ペアレントプロセス の意味 】
出典: 子プロセス 『フリー百科事典 ウィキペディア日本語版(Wikipedia)』 最終更新 2017年11月8日 (水) 11:07 UTC、URL: https://ja.wikipedia.org/

子プロセスとは、コンピュータのプロセス管理に関わる用語で、ほかのプロセスから呼び出されたプロセスのことを言う。チャイルドプロセスとも言い、呼出元のプロセスのことを親プロセスあるいはペアレントプロセスと呼ぶ。

[子プロセス] 子プロセスは、他のプロセス(親プロセス)によって生成されたプロセスである。子プロセスは親プロセスから多くの属性(例えばオープン中ファイル)を継承する。UNIX では、子プロセスは(forkを使って)親のコピーとして生成される。子プロセスはその後(execを使って)指定されたプログラムで自分自身をオーバーレイすることができる。

[親プロセス] 親プロセスは、1つ以上の子プロセスを生成したプロセスである。UNIX では、0番のプロセス(スワッパー)以外は他のプロセスが fork システムコールで生成したものである。fork を呼び出したプロセスが、それによって生成されたプロセスから見た親プロセスである。プロセスにはひとつの親プロセスがあるが、子プロセスは多数存在することもある。 ・・・

【 ICT用語辞典へ(外部リンク)】


【 ペアレントプロセス の同義語と関連語 】
< 1 >
parent process ペアレント・プロセス ペアレントゥ・プロセス ペアレントプロセス
親プロセス






















子プロセス





























ICT用語索引
記号 数字 A B C
D E F G H
I J K L M
N O P Q R
S T U V W
X Y Z

ワ・ヲ        

ICT用語辞典リンク集
ICT用語解説サイト120

バナースペース

パステム