本文へスキップ

 


 

ICT用語の意味と同義語

【 「ベイジアンネットワークモデル」又はそれに関連する用語の意味 】
出典: マルコフ連鎖 『フリー百科事典 ウィキペディア日本語版(Wikipedia)』 最終更新 2019年3月15日 (金) 05:28 UTC、URL: https://ja.wikipedia.org/

 マルコフ連鎖(マルコフれんさ、英: Markov chain)とは、確率過程の一種であるマルコフ過程のうち、とりうる状態が離散的(有限または可算)なもの(離散状態マルコフ過程)をいう。また特に、時間が離散的なもの(時刻は添え字で表される)を指すことが多い(他に連続時間マルコフ過程というものもあり、これは時刻が連続である)。マルコフ連鎖は、未来の挙動が現在の値だけで決定され、過去の挙動と無関係である(マルコフ性)。各時刻において起こる状態変化(遷移または推移)に関して、マルコフ連鎖は遷移確率が過去の状態によらず、現在の状態のみによる系列である。特に重要な確率過程として、様々な分野に応用される。

[応用]
 マルコフ系は物理学、とりわけ統計力学にしばしば現れる。ここでは、 力学が時間に対して不変であると想定され、また履歴を考慮する必要がないと想定される場合に、詳細が不明またはモデル化できないために確率過程が用いられる。マルコフ連鎖はまた待ち行列理論や統計学でモデル化に用いられる。クロード・シャノンが情報理論を創始した論文"A mathematical theory of communication"(通信の数学的理論)では、マルコフ連鎖を利用してエントロピーの概念を導入している。さらにこのような方法は、データ圧縮やパターン認識に応用されている。 ・・・
【ベイジアンネットワークモデルの同義語と関連語】
< 1 >
同義語・類義語 関連語・その他
マルコフ連鎖 Attribution Analysis
Markov chain First Interaction model
mɑrkov tʃéin Last Interaction model
マルコフ チェイン Linear model
マルコフ・チェイン Position Based model
モルコフ チェイーン Web効果測定
モルコフ・チェイーン アトリビューション分析
マルコフ連鎖モデル オンラインアトリビューション分析

ベイジアンネットワークモデル

ボルツマンウェイトモデル

起点モデル

終点モデル

成果配分モデル

接点ベースモデル

線形モデル

統合アトリビューション分析

















































更新日:2021年 4月 9日




ICT用語索引
記号 数字 A B C
D E F G H
I J K L M
N O P Q R
S T U V W
X Y Z

       
背景薄緑色の文字が編集完了
それ以外は書きかけの用語 
ICT用語辞典リンク集
ICT用語解説サイト120

バナースペース

     P A S T E M


カスペルスキー セキュリティ 体験版




【 他のICT用語辞典へ(外部リンク)】

マルコフ連鎖 (Wikipedia)