本文へスキップ

 


 

ICT用語の意味と同義語

【 「ベクター型プロセッサ」又はそれに関連する用語の意味 】
出典: ベクトル計算機 『フリー百科事典 ウィキペディア日本語版(Wikipedia)』 最終更新 2019年5月8日 (水) 08:28 UTC、URL: https://ja.wikipedia.org/

 ベクトル計算機 (ベクトルけいさんき) は、ベクトル演算(SIMDを参照)を行えるコンピュータのこと。特に(狭義では)ベクトル演算のための高性能でパイプライン化された実行ユニットを持ち、その演算能力を可能な限り発揮できるように全てが設計されたアーキテクチャを持つスーパーコンピュータを指す。広義にはSIMDによる、ベクトルを対象とした並列演算も指す。以下、主に狭義の、すなわちパイプラインによるベクトル計算機について述べる。
ベクトル計算機のプロセッサを ベクトルプロセッサ (Vector Processor) または アレイプロセッサ (Array Processor) と呼ぶ。ベクトルプロセッサは数値演算を複数のデータに対してパイプラインにより次々と実行できる。ベクトルプロセッサは科学技術計算分野でよく使われ、特に1980年代から1990年代にかけてのスーパーコンピュータでは一般的であった。 ・・・
【ベクター型プロセッサの同義語と関連語】
< 1 >
同義語・類義語 関連語・その他
アレイプロセッサ vector type super computer
Array Processor ベクトル演算
əréi prɑ́sèsər ベクトル型スーパーコンピュータ
アゥレイ プロセサゥー
アゥレイ・プロセサゥー Array
アレイ プロセッサ əréi
アレイ・プロセッサ アゥレイ
アレー
Vector Processor アレイ
véktə prɑ́sèsər [他動詞]
ヴェクタゥー プロセサゥー ~を整列させる
ヴェクタゥー・プロセサゥー ~を配置する
ベクトル プロセッサ [名詞]
ベクトル・プロセッサ 整列
ベクトルプロセッサ 配列
ベクトル型プロセッサ 多数
ベクター プロセッサ 多量
ベクター・プロセッサ ずらっと並んだもの
ベクタープロセッサ ずらっと部品を並べたもの
ベクター型プロセッサ









































更新日:2022年 5月20日




ICT用語索引
記号 数字 A B C
D E F G H
I J K L M
N O P Q R
S T U V W
X Y Z

       
背景薄緑色の文字が編集完了
それ以外は書きかけの用語 
ICT用語辞典リンク集
ICT用語解説サイト120

バナースペース

     P A S T E M







【 他のICT用語辞典へ(外部リンク)】

アレイプロセッサ (コトバンク)
ベクトル計算機 (Wikipedia)