本文へスキップ

 


 

ICT用語の意味と同義語

【 「ベビーAT仕様マザーボード」又はそれに関連する用語の意味 】
出典: フォームファクタ 『フリー百科事典 ウィキペディア日本語版(Wikipedia)』 最終更新 2017年9月17日 (日) 22:40 UTC、URL: https://ja.wikipedia.org/

フォームファクタ(英: form factor)とは、コンピューティングにおける主要システム部品の物理的寸法を指定したものである。特にPC/AT互換機業界では、フォームファクタを標準化することでベンダー間・世代間で部品交換可能であることを保証している。企業でのコンピューティングでは、サーバモジュールが既存のラックマウントシステムにぴったり収まることを保証するためにフォームファクタがある。フォームファクタと呼ばれる規格の中でも最も重要で古くから使われてきたものとしてマザーボードの形状規格があり、ケースの大きさを左右する。マザーボードはより小さいフォームファクタ(スモールフォームファクタ)のものが開発され実装されてきたが、さらなる縮小には電源回路の技術革新が必要である。パーソナルコンピュータなどのシステム形状を指して「フォームファクタ」と呼ぶこともある。例えば省スペースパソコンを「スモールフォームファクタ」と呼ぶ。 ・・・
【ベビーAT仕様マザーボードの同義語と関連語】
< 1 >
同義語・類義語 関連語・その他
216x254mm Form Factor
216x330mm form factor
8.5x10in フォーム・ファクタ
8.5x10インチ マザーボード
8.5x13in IBM
8.5x13インチ
Baby AT
Baby AT仕様
Baby-AT
ベビーAT
ベビーAT仕様マザーボード
ベビーエイティ
ベビーエイティー
ベビーエイティー仕様





















































更新日:2022年 1月19日




ICT用語索引
記号 数字 A B C
D E F G H
I J K L M
N O P Q R
S T U V W
X Y Z

       
背景薄緑色の文字が編集完了
それ以外は書きかけの用語 
ICT用語辞典リンク集
ICT用語解説サイト120

バナースペース

     P A S T E M







【 他のICT用語辞典へ(外部リンク)】