本文へスキップ

 


 

ICT用語の意味と同義語

【 「偏波ダイバーシティ」又はそれに関連する用語の意味 】
出典: ダイバーシティ 『通信用語の基礎知識』 更新年月日 2014/07/28,URL: https://www.wdic.org

 無線通信において、複数のアンテナで信号を受信することでフェージングの影響を避け、送受信の質を高める技術。

[概要]
 複数のアンテナで信号を受信し、中から良い状態の信号の選択したり、または受信信号を合成してノイズを減らす手法のこと。業界によっては「ダイバーシチ」ともいう。

[特徴]
 電波は反射するので、直接届く電波(直接波)と、反射して届く電波(反射波)とが発生する。両者は到達までの距離が違うため、互いに到達時間が変化するが、このため複数の電波が干渉して信号を劣化させる。これを避けるため、複数のアンテナを利用して複数の信号を受信し、その中から強い電波を受信したり、相互に合成して干渉の軽減を図る。これがダイバーシティである。 ・・・
出典: ダイバーシティ 『フリー百科事典 ウィキペディア日本語版(Wikipedia)』 最終更新 2019年2月8日 (金) 03:40 UTC、URL: https://ja.wikipedia.org/

 ダイバーシティ(英語: Diversity)とは、複数のアンテナで受信した同一の無線信号について、電波状況の優れたアンテナの信号を優先的に用いたり、受信した信号を合成してノイズを除去したりすることによって、通信の質や信頼性の向上を図る技術のことである。送信に対して適用したものは送信ダイバーシティという。工学分野では「ダイバーシチ」と表記する場合もある。

[ダイバーシティの種類]・・・
【偏波ダイバーシティの同義語と関連語】
< 1 >
同義語・類義語 関連語・その他
ダイバーシティ Antenna Diversity
Diversity ænténə dəvə́rsəti
dəvə́rsəti アェンテナゥー・ディヴゥーシィディー
ディヴァゥーシィティー アンテナ・ダイバシティ
ディヴゥーシィディー ダイバーシティアンテナ
ディヴゥーシィティー ダイバーシティ効果
ダイバシティ サイトダイバーシティ
ダイバーシティー マルチパスダイバーシティ
ダイバーシチ 角度ダイバーシティ
[名詞] 空間ダイバーシティ
種々 再送ダイバーシティ
多種多様 時間ダイバーシティ
雑多 周波数ダイバーシティ
多様性 送信ダイバーシティ

偏波ダイバーシティ



















































更新日:2022年 2月14日


【偏波ダイバーシティの同義語と関連語】
< 2 >
同義語・類義語 関連語・その他
ダイバーシティー・アンテナ Diversity
diversity antenna diversity
dəvə́rsəti ænténə dəvə́rsəti
ディヴァゥーシィティー アェンテナゥー ディヴァゥーシィティー
ディヴァゥーシィティー・アェンテナゥー ダイバーシティー
ダイバーシティー アンテナ ダイバーシチ
ダイバーシティーアンテナ ダイバシティ
ダイバーステイ アンテナ ダイバーシティ
ダイバーステイ・アンテナ 多様性
ダイバーシテイアンテナ

ダイバーシティー方式

ダイバシティ方式

ダイバーシティ技術

空間ダイバーシティ

最大比合成方式

偏波ダイバーシティ

















































更新日:2021年 5月29日




ICT用語索引
記号 数字 A B C
D E F G H
I J K L M
N O P Q R
S T U V W
X Y Z

       
背景薄緑色の文字が編集完了
それ以外は書きかけの用語 
ICT用語辞典リンク集
ICT用語解説サイト120

バナースペース

     P A S T E M


ノートンストア


ASUS 公式オンラインストア「ASUS Store Online」


【 他のICT用語辞典へ(外部リンク)】

ダイバーシティ (通信用語の基礎知識)
ダイバーシティ (Wikipedia)