本文へスキップ

 


ICT用語同義語辞典サイト内検索

 

ICT用語の意味と同義語

【 ピーエル の意味 】
出典: 製造物責任法 『フリー百科事典 ウィキペディア日本語版(Wikipedia)』 最終更新 2019年7月10日 (水) 05:28 UTC、URL: https://ja.wikipedia.org/

 製造物責任法(せいぞうぶつせきにんほう、平成6年7月1日法律第85号)は、製造物の欠陥により損害が生じた場合の製造業者等の損害賠償責任について定めた法規のことをいうが、形式的意義においては、上述の損害賠償責任について規定した日本の法律のことをいう。1995年7月1日施行。製造物責任という用語に相当する英語の(product liability)から、PL法と呼ばれることがある。

[製造物責任の意義]
 損害賠償責任を追及する場合、民法の不法行為法における一般原則によれば、要件の一つとして加害者に故意・過失があったことにつき被害者側が証明責任を負う。つまり民法で損害賠償を請求する際には、被告の過失を原告が立証する必要がある。しかし多くは、過失の証明が困難であるために損害賠償を得ることが不可能になる場合があるとの問題意識から、同法で製造者の過失を要件とせず、製造物に欠陥があったことを要件とすることにより、損害賠償責任を追及しやすくした。このことに製造物責任の意義がある。 ・・・



【 他のICT用語辞典へ(外部リンク)】

製造物責任法 (Wikipedia)



【 ピーエル の同義語と関連語 】
< 1 >
製造物責任法 PL píː él ピーエィルゥ
ピーエル PL法 Product Liability Product Liability Act
product liability prάdʌkt lὰɪəbíləṭi プロァダクトゥ ラゥイアゥビリィティ プロァダクトゥ・ラゥイアゥビリィティ
プロダクト ライアビリティ プロダクト・ライアビリティ せいぞうぶつせきにんほう ピーエル法
製造業者 製造物責任 製造物責任制度 製造物責任問題
品質マネジメントシステム






Liability lὰɪəbíləṭi ラゥイアゥビリィティ ライアビリティ
責任のあること 損害賠償責任 賠償責任 法的責任
安全性 欠陥




















ICT用語索引
記号 数字 A B C
D E F G H
I J K L M
N O P Q R
S T U V W
X Y Z

ワ・ヲ        
背景薄緑色の文字が編集完了です
ICT用語辞典リンク集
ICT用語解説サイト120

バナースペース

     P A S T E M



Dynabook Direct