本文へスキップ

 


ICT用語同義語辞典サイト内検索

 

ICT用語の意味と同義語

【 ビーペル の意味 】
出典: BPEL 『フリー百科事典 ウィキペディア日本語版(Wikipedia)』 最終更新 2017年8月16日 (水) 03:06 UTC、URL: https://ja.wikipedia.org/

BPEL(英: business process execution language)とは、実行可能なビジネスプロセスモデリング言語である。しかし、BPELは特定のセマンティックやプロセス構造の要素を持っていないため、考えられるすべてのビジネスプロセスをモデル化し実行することは不可能である。このため、BPEL はたとえば Java のようなプログラミング言語とともに用いられたり、ワークフロー統合ブローカーエンジンなどの商用製品に備わっている独自のスクリプト言語によって拡張されることが多い。 [BPELの設計目標] 1. BPELにはもともと10の設計目標があった:外部の実体に対してWSDL 1.1を用いて定義されたWebサービスの操作を介してやりとりし、自身を WSDL 1.1を用いて定義された Webサービスとして宣言するビジネスプロセスを定義すること。 ・・・

マカフィー・ストア 富士通 WEB MART 大学生向けノートパソコン

【 他のICT用語辞典へ(外部リンク)】




【 ビーペル の同義語と関連語 】
< 1 >
BPEL BPEL for Web Services BPEL4WS Business Process Execution Language
business process execution language WS-BPEL WS-BPEL 2.0 ビーペル
ビジネス・プロセス・エギュゼキューション・ランゲージ ビジネス・プロセス・エクセキューシュン・ラゥングウィッジ ビジネスプロセス実行言語
















ビジネスプロセスモデリング言語






























ICT用語索引
記号 数字 A B C
D E F G H
I J K L M
N O P Q R
S T U V W
X Y Z

ワ・ヲ        
背景薄緑色の文字が編集完了です
ICT用語辞典リンク集
ICT用語解説サイト120

バナースペース

     P A S T E M