本文へスキップ

 


ICT用語同義語辞典サイト内検索

 

ICT用語の意味と同義語

【 ビッグデータ の意味 】
出典: Apache Hadoop 『フリー百科事典 ウィキペディア日本語版(Wikipedia)』 最終更新 2018年12月27日 (木) 07:09 UTC、URL: https://ja.wikipedia.org/

 Apache Hadoopは大規模データの分散処理を支えるオープンソースのソフトウェアフレームワークであり、Javaで書かれている。Hadoopはアプリケーションが数千ノードおよびペタバイト級のデータを処理することを可能としている。HadoopはGoogleのMapReduceおよびGoogle File System(GFS)論文に触発されたものである。

[アーキテクチャ]
 Hadoopは、以下の4つのモジュールによって構成されている。
● Hadoop Common: 他のモジュールから共通して利用されるライブラリ群。
● Hadoop Distributed File System (HDFS): Hadoop独自の分散ファイルシステム。
● Hadoop YARN: Hadoopクラスタのリソース管理や、Hadoop上で動作するアプリケーションのスケジューリングを担当する。
● Hadoop MapReduce: Hadoop上で動作するMapReduceフレームワークの実装。・・・
source of reference: Storm (event processor) (The Free Encyclopedia WikipediA) last edited 3 July 2019, at 16:13 UTC, URL: https://en.wikipedia.org/

Apache Storm is a distributed stream processing computation framework written predominantly in the Clojure programming language. Originally created by Nathan Marz and team at BackType, the project was open sourced after being acquired by Twitter. It uses custom created "spouts" and "bolts" to define information sources and manipulations to allow batch, distributed processing of streaming data. The initial release was on 17 September 2011...
出典: 情報銀行 『フリー百科事典 ウィキペディア日本語版(Wikipedia)』 最終更新 2018年9月23日 (日) 10:30 UTC、URL: https://ja.wikipedia.org/

情報銀行(じょうほうぎんこう)とは、行動履歴や購買履歴といったものを含む個人情報にひも付いたITデータを個人から預託され、他の事業者とのマッチングや匿名化したうえでの情報提供、一元管理する制度、あるいは事業者を指す。データを提供したり活用したことに関して得られた便益は、データを受領した他の事業者から直接的または間接的に個人情報を提供した本人に還元される。

[概要] 個人情報にひもづくデータを特定の企業が独占することに欧州連合(EU)で異が唱えられ、「消費者の個人情報を消費者の手に取り戻す」と消費者本人に自身の情報をコントロールする権利があることを定められた。2018年からは、これを侵した企業に制裁金が科せられる。この考え方を推し進め、個人が現金を銀行に預託するように、情報を預託し「運用」することを想定した制度、あるいは事業者を情報銀行と呼ぶ。 ・・・


【 ビッグデータ の意味 】
出典: ビッグデータ 『フリー百科事典 ウィキペディア日本語版(Wikipedia)』 最終更新 2018年3月6日 (火) 14:15 UTC、URL: https://ja.wikipedia.org/

 ビッグデータ(英: big data)とは、一般的なデータ管理・処理ソフトウエアで扱うことが困難なほど巨大で複雑なデータの集合を表す用語である。ビッグデータを取り巻く課題の範囲は、情報の収集、取捨選択、保管、検索、共有、転送、解析、可視化等多岐にわたる。

[概要]
 データの上限:コンピュータの性能に上限があるように、我々が取り扱えるデータ量の大きさにも上限がある。2012年現在、現実的な時間内に処理することが可能なデータサイズの上限は、エクサバイトのオーダーとされる。換言すると、我々は事実上これ以上のデータは扱えないという制限を抱えていると言える。 ・・・



【 他のICT用語辞典へ(外部リンク)】

Storm (event processor) (Wikipedia)
Apache Hadoop (Wikipedia)
ビックデータ (Wikipedia)
Apache Storm (https://storm.apache.org/)



【 ビッグデータ の同義語と関連語 】
< 1 >
Apache Hadoop Apache Hadoop 3.0 Hadoop Hadoop Common
Hadoop Distributed File System Hadoop MapReduce HBase HDFS
MapReduce アゥパェチィ ハドゥープ アゥパェチィ・ハドゥープ アパッチ ハドゥープ
アパッチ・ハドゥープ ハデュープ ハドゥープ












Apache Spark アパッチスパーク ビッグデータ ビッグデータ解析
ビッグデータ処理ツール


























【 ビッグデータ の同義語と関連語 】
< 2 >
Apache Storm Apache Storm 2.0 əpˈætʃi stˈɔɚm アゥパチィー ストーァム
アゥパチィーストーァム アパッチ ストーム アパッチストーム http://storm.apache.org/
Storm ストーム

















Apache Spark event processor Hadoop ストリームデータ処理
ストリーム処理 ストリーム処理エンジン ビッグデータ ビッグデータ解析
ビッグデータ解析ツール ビッグデータ処理





















【 ビッグデータ の同義語と関連語 】
< 3 >
Information Bank information bank PDS インフォメーション・バンク
インフォメーションバンク じょうほうぎんこう データ・バンク パーソナル・データ・ストア
パーソナルデータストア 情報バンク 情報銀行 情報利用信用銀行
富士通情報銀行














FUJITSU Digital Business Platform MetaArc MetaArc パーソナルデータ ビッグデータ
メタアーク 官民データ活用推進基本法 個人データ 個人情報
























【 ビッグデータ の同義語と関連語 】
< 4 >
ビッグデータ解析 Data Mart data mart large-scale data processing
アナリティクス1.0 アナリティクス2.0 アナリティクス3.0 エンタープライズ・データハブ
エンタープライズ・データレイク データマート ビッグデータ活用 ビッグデータ分析
ラージスケール・データ・プロセシング ラゥージ・スケイルゥ・デイダ・プロセシィング 巨大デジタル情報 大規模データ処理












Apache Spark Big data big data Data Lake
data lake Hadoop Microsoft SQLserver Oracle Oracle10g
データレイク データ解析 データ分析 ビッグ・デイダ
ビッグデータ ビッグデータの湖 非構造化データ 膨大なデータ
膨大なデジタル情報














ICT用語索引
記号 数字 A B C
D E F G H
I J K L M
N O P Q R
S T U V W
X Y Z

ワ・ヲ        
背景薄緑色の文字が編集完了です
ICT用語辞典リンク集
ICT用語解説サイト120

バナースペース

     P A S T E M



Dynabook Direct