本文へスキップ

 


ICT用語同義語辞典サイト内検索

 

ICT用語の意味と同義語

【 ビディング・フィー・オァークシュン の意味 】
出典: ペニーオークション詐欺事件 『フリー百科事典 ウィキペディア日本語版(Wikipedia)』 最終更新 2020年3月29日 (日) 10:42 UTC、URL: https://ja.wikipedia.org/

 ペニーオークション詐欺事件(ペニーオークションさぎじけん)とは、2012年(平成24年)に日本で発覚した、インターネットオークション「ペニーオークション(ペニオク)」を用いた詐欺事件。ペニオク詐欺事件とも呼ばれる。運営者が詐欺罪などで逮捕され有罪判決を受けるとともに、複数の芸能人によるステルスマーケティング(ステマ)があったことが判明し、大きな問題となった。

[詐欺事件の概要]
 2012年(平成24年)12月7日、参加者が入札しても事実上落札できない仕組みのペニーオークションサイト「ワールドオークション」で、入札者から手数料をだまし取ったとして、詐欺罪の容疑で出会い系サイト運営会社の役員1人と社員3人の計4人が逮捕され、有罪判決を受けた。
 4人が運営していた複数のペニオクサイトは、最初は高額商品0円など低額でスタートし、1円から15円の入札単位で価格が上がっていき、入札するごとにサイト業者にあらかじめ先払いした仮想通貨で数十円単位の入札手数料を負担し、落札後に商品の落札金額を仮想通貨で支払うシステムと紹介されていた。
 しかしサイト運営者が、架空会員名義のボットにより自動入札して金額を釣り上げ、1000万円にならない限りは落札できない仕組みになっており、入札すればするほどサイト業者に金が入る仕組みになっていた。 ・・・
出典: ペニーオークション 『フリー百科事典 ウィキペディア日本語版(Wikipedia)』 最終更新 2019年10月26日 (土) 08:10 UTC、URL: https://ja.wikipedia.org/

 ペニーオークション(英: penny auction)あるいは入札手数料オークション(英: bidding fee auction)は、毎回の入札毎に手数料が必要になる形式のインターネットオークションである。表示上の開始価格や落札価格は通常のオークションに比べると低額であるが、入札時の手数料が高額になることがある。2005年に開設されたSwoopo(旧名:Telebid)がこの形式の発祥とされる。

[特徴]
 入札者にとっては、開始価格が0円から数百円程度と低額で、しかも1回の入札金額の単位も低額で固定されていることが多いため、多数の入札があっても安価に落札できる魅力がある。しかし、入札ごとに手数料が必要なため、競り合って何回も入札した場合には、落札額+手数料+送料で高額になる場合もある上、落札できなくても手数料を支払う必要が生じる。一方で初心者を対象として、手数料がかからない商品が出品される例もある。 ・・・

マカフィー・ストア 富士通 WEB MART 大学生向けノートパソコン

【 他のICT用語辞典へ(外部リンク)】

ペニーオークション (KDDI)
ペニーオークション (Wikipedia)



【 ビディング・フィー・オァークシュン の同義語と関連語 】
< 1 >
ペニーオークション penny auction péni ɔ́kʃən ペニー オァークシュン
ペニー・オァークシュン ペニー オークション ペニー・オークション 入札手数料オークション
ペニオク bidding fee auction bídiŋ fíː ɔ́kʃən
ビディング フィー オァークシュン ビディング・フィー・オァークシュン ビディング フィー オークシュン ビディング・フィー・オークシュン
ビディング フィー オークション ビディング・フィー・オークション 【 以下関連語 】 penny
péni ペニー ほんのわずかな金額 少額な




bidding bídiŋ ビディング 入札
競り せり fee
fíː フィー 手数料
GEOオークション カイドキ ゼロオク ダイヤモンドオークション
ペニーオークション・サイト ペニーオークション詐欺事件 ペニオクサイト ペニオク詐欺事件
ポイントオークション ポチオク めちゃオク ワールドオークション
入札手数料

更新日:2020年 5月 9日




ICT用語索引
記号 数字 A B C
D E F G H
I J K L M
N O P Q R
S T U V W
X Y Z

ワ・ヲ        
背景薄緑色の文字が編集完了です
ICT用語辞典リンク集
ICT用語解説サイト120

バナースペース

     P A S T E M



NEC「得選街」