本文へスキップ

 


ICT用語同義語辞典サイト内検索

 

ICT用語の意味と同義語

【 秘密 の意味 】
出典: 情報セキュリティ 『フリー百科事典 ウィキペディア日本語版(Wikipedia)』 最終更新 2019年5月23日 (木) 09:58 UTC、URL: https://ja.wikipedia.org/

 情報セキュリティ(じょうほうセキュリティ、英: information security)とは、情報の機密性、完全性、可用性を維持すること。

[定義]
 通常の定義
情報セキュリティは、JIS Q 27002(すなわちISO/IEC 27002)によって、情報の機密性、完全性、可用性を維持することと定義されている。それら三つの性質の意味は次のとおりである。
● 機密性 (confidentiality): 情報へのアクセスを認められた者だけが、その情報にアクセスできる状態を確保すること
● 完全性 (integrity): 情報が破壊、改ざん又は消去されていない状態を確保すること
● 可用性 (availability): 情報へのアクセスを認められた者が、必要時に中断することなく、情報及び関連資産にアクセスできる状態を確保することこれら三つを、英語の頭文字を取って、情報のCIAということもある。 ・・・



【 他のICT用語辞典へ(外部リンク)】

情報セキュリティ (Wikipedia)



【 秘密 の同義語と関連語 】
< 1 >
confidentiality kὰnfədenʃiˈæləṭi カンフィデンチアェリゥディ コンフィデンチアリティ
コンフィデンチアリティー 機密の 機密性 秘密
秘密性


















Availability C.I.A. CIA Confidential
Integrity カンフェデンシャル 可用性 完全性
情報セキュリティの3要素 情報セキュリティの三大要件 情報セキュリティの三要素 情報漏えい防止




















【 秘密 の同義語と関連語 】
< 2 >
情報セキュリティ C.I.A. Confidentiality,Integrity,and Availability kὰnfədenʃiˈæləṭi ɪntégrəṭi ənd əvèɪləbíləṭi
カンフィデンチアェリゥディ インテグリディー アェンドゥ アヴェイラゥビリィティー カンフィデンチアェリゥディ・インテグリディー・アェンドゥ・アヴェイラゥビリィティー コンフィデンシアリティー インテグリティー アンド アベイラビリティ コンフィデンシアリティー・インテグリティー・アンド・アベイラビリティ
Guidelines for the Security of Information Systems information security シーアイエー 情報システムのセキュリティに関するガイドライン
情報セキュリティの3要素 情報のC.I.A. 情報の機密性、完全性、可用性

Confidentiality confidentiality
kὰnfədenʃiˈæləṭi カンフィデンチアェリィディ コンフィデンシアリティー コンフィデンチアリティ
秘密 秘密性

Authenticity Non-repudiation 否認防止
Reliability 信頼性 Availability
əvèɪləbíləṭi アヴェイラゥビリィディ アヴェイラゥビリィティー アヴェイラビィリィティ
利用の可能性 可用性 Integrity
ɪntégrəṭi インテグリティ インテグリティー 安全性
一体性 真正性 保全性








ICT用語索引
記号 数字 A B C
D E F G H
I J K L M
N O P Q R
S T U V W
X Y Z

ワ・ヲ        
背景薄緑色の文字が編集完了です
ICT用語辞典リンク集
ICT用語解説サイト120

バナースペース

     P A S T E M



NEC「得選街」