本文へスキップ

 


ICT用語同義語辞典サイト内検索

 

ICT用語の意味と同義語

【 標本化定理 の意味 】
出典: 標本化定理 『フリー百科事典 ウィキペディア日本語版(Wikipedia)』 最終更新 2017年8月18日 (金) 11:49 UTC、URL: https://ja.wikipedia.org/

標本化定理(ひょうほんかていり、英: sampling theorem: サンプリング定理とも)はアナログ信号をデジタル信号へと変換する際に、どの程度の間隔で標本化(サンプリング)すればよいかを定量的に示す定理。情報理論の分野において非常に重要な定理の一つである。標本化定理は1928年にハリー・ナイキストによって予想され、1949年にクロード・E・シャノンと日本の染谷勲によってそれぞれ独立に証明された。そのためナイキスト定理、ナイキスト・シャノンの定理、シャノン・染谷の定理とも呼ばれる。 ・・・

Dynabook Direct Dynabook Direct

【 他のICT用語辞典へ(外部リンク)】




【 標本化定理 の同義語と関連語 】
< 1 >
A/D変換 sampling sampling theorem サンプリング
サンプリング・シィーアラム サンプリング定理 シャノン・染谷の定理 ナイキスト・シャノンの定理
ナイキストの定理 ナイキストレート ナイキスト周波数 ナイキスト定理
標本化 標本化定理 標本抽出












Nyquist's theorem クロード・E・シャノン サンプリング周波数 ハリー・ナイキスト
染谷 勲


























ICT用語索引
記号 数字 A B C
D E F G H
I J K L M
N O P Q R
S T U V W
X Y Z

ワ・ヲ        
背景薄緑色の文字が編集完了です
ICT用語辞典リンク集
ICT用語解説サイト120

バナースペース

     P A S T E M