本文へスキップ

 


ICT用語同義語辞典サイト内検索

 

ICT用語の意味と同義語

【 ピン挿入方式 の意味 】
出典: スルーホール実装 『フリー百科事典 ウィキペディア日本語版(Wikipedia)』 最終更新 2013年9月21日 (土) 15:04 UTC、URL: https://ja.wikipedia.org/

スルーホール実装 (スルーホールじっそう、英: Through-hole technology;THT, Through-hole mount; THM) とは電気部品、電子部品や電線をプリント基板に実装する方法の一つ。挿入実装 (そうにゅうじっそう、英: Insertion mount technology; IMT) とも呼ばれる。電子部品につながるリード端子を基板の孔 (スルーホール) に通して、片面、もしくは両面にはんだ付けする工法である。

[特徴] 1980年代から急速に増加した表面実装と比べると基板面積を広くとる上、孔のために基板の両面、全層を占有してしまう。しかし、応力のかかる電子部品 (メカニカルスイッチ, メカニカルボリューム) は基板に応力を逃すことができるためはずれにくくなる。 ・・・

デル株式会社 デル株式会社

【 他のICT用語辞典へ(外部リンク)】




【 ピン挿入方式 の同義語と関連語 】
< 1 >
IMT Insertion mount technology THM Through Hole Mounting Device
Through-hole mount Through-hole technology THT インサゥーシュン・マウントゥ・テクノロジー
スルー・ホール・テクノロジー スルー・ホール・マウンティング・デヴァイス スルーホール スルーホールじっそう
スルーホール実装 そうにゅうじっそう ピン挿入方式 挿入実装












表面実装






























ICT用語索引
記号 数字 A B C
D E F G H
I J K L M
N O P Q R
S T U V W
X Y Z

ワ・ヲ        
背景薄緑色の文字が編集完了です
ICT用語辞典リンク集
ICT用語解説サイト120

バナースペース

     P A S T E M



富士通 WEB MART