本文へスキップ

 

 

ICT用語の意味と同義語


【 ファイフォ の意味 】
出典: FIFO 『フリー百科事典 ウィキペディア日本語版(Wikipedia)』 最終更新 2017年9月3日 (日) 13:41 UTC、URL: https://ja.wikipedia.org/

FIFO(ファイフォ、フィフォ、フィーフォー)はFirst In, First Outを表す頭字語である。先入れ先出しと訳されることがある。この言葉はキューの動作原理を表すものであり、キューに入っているどんな要素の組に対しても、先に入ったものを先に処理して出し、後に入ってきたものは先に入ったものより後から処理して出す、というように、出入りにおいて順序が保存されることを意味している(厳密には出入りのみを定義しており、処理順ではない)。日本語の俗な慣用表現では「ところてん式」も同じものを指す。 ・・・

【 ICT用語辞典へ(外部リンク)】

FIFO (Wikipedia)

【 ファイフォ の同義語と関連語 】
< 1 >
FIFO FIFOメモリ First In First Out First In, First Out
First-In First-Out ファイフォ ファイホ フィーフォー
フィフォ 先に入れたものを先に出す 先読み先出し方式 先入れ先出し
先入れ先出し方式 先入れ先出し法 先入先出法












FILO LIFO queue queueing
stack キュー キューイング スタック
ところてん式 後入れ先出し方式 後入先出法



















ICT用語索引
記号 数字 A B C
D E F G H
I J K L M
N O P Q R
S T U V W
X Y Z

ワ・ヲ        

ICT用語辞典リンク集
ICT用語解説サイト120

バナースペース

パステム