本文へスキップ

 

 

ICT用語の意味と同義語


【 ファイル名拡張子 の意味 】
出典: 拡張子 『フリー百科事典 ウィキペディア日本語版(Wikipedia)』 最終更新 2019年3月26日 (火) 01:00 UTC、URL: https://ja.wikipedia.org/

拡張子(かくちょうし、英語: filename extension)とは、ファイルの種類を識別するためにファイルの名前(ファイル名)の末尾につけられる文字列。ファイル名の本体と拡張子は "."(ピリオド、ドット)で区切られ、拡張子はアルファベットと数字の組み合わせで、歴史的には3文字以内が好まれたが、それ以上の場合もある。拡張子は、オペレーティングシステム (OS) においてファイルの判別のために任意につけられるもので、必ずしも必須ではない。拡張子が適切でない場合は、システムまたはアプリケーションソフトウェアの動作に影響を及ぼす場合がある。 .tar.gzのように複数のピリオドで区切っているケースもあるが、最後のピリオド以降を拡張子と判断するシステムが一般的である。

[拡張子の由来]
拡張子は、もともとはDECのオペレーティングシステム (OS) 、たとえば、TOPS-10、OS/8やRT-11に利用されていた。その後、CP/Mでも採用された。CP/Mのファイル名は8+3バイトの構成になっており、後ろの3バイトが拡張子と呼ばれた。さらにCP/Mと互換性を取るため、MS-DOSやOS/2、Windowsなどに受け継がれた。現在のWindowsでは3バイトの制限はない。 ・・・

【 ICT用語辞典へ(外部リンク)】

拡張子 (Wikipedia)

【 ファイル名拡張子 の同義語と関連語 】
< 1 >
file extension fάɪl eksténʃən File Extension File Extensions
filename extension ファイルゥ エクステンシュン ファイルゥ・エクステンシュン ファイル エクステンション
ファイル・エクステンション ファイル拡張子 ファイル名拡張子 拡張子
















Data File Formats file format
ext.
extension eksténʃən エクステンシュン エクステンション
拡張 伸長 延長 拡大
拡張部分 機能追加 延期 拡張機能















ICT用語索引
記号 数字 A B C
D E F G H
I J K L M
N O P Q R
S T U V W
X Y Z

ワ・ヲ        

ICT用語辞典リンク集
ICT用語解説サイト120

バナースペース

パステム