本文へスキップ

 

 

ICT用語の意味と同義語


【 フェデロル・トゥレーイドゥ・コミシュン・アクトゥ の意味 】
出典: 反トラスト法 『フリー百科事典 ウィキペディア日本語版(Wikipedia)』 最終更新 2018年6月20日 (水) 17:32 UTC、URL: https://ja.wikipedia.org/

反トラスト法(はんトラストほう、英: antitrust law)は、アメリカ合衆国における競争法である。アンチトラスト法とも表記される。競争法の一般的な説明として、反トラスト法はカルテル、トラスト (企業形態)、コンツェルンの独占活動を規制する。

[概要] 19世紀後半、アメリカにおいて独占資本の形成が進むと、自由競争の結果発展した大企業を放任することが、むしろ逆に自由競争を阻害するという事態を招いた。代表的な例としては、スタンダード石油トラストなどが挙げられる。そのため、連邦議会は一連の反トラスト法を制定し、独占資本の活動を規制することを図ったのである。 ・・・

【 ICT用語辞典へ(外部リンク)】

反トラスト法 (Wikipedia)

【 フェデロル・トゥレーイドゥ・コミシュン・アクトゥ の同義語と関連語 】
< 1 >
反トラスト法 Antitrust Acts antitrust law Federal Trade Commission Act
アェンティトゥラストゥ・ラゥォー アンチトラスト・ロー アンチトラスト法 アンティトゥラストゥ・アクツ
クレイトン法 シャーマン法 はんトラストほう フェデロル・トゥレーイドゥ・コミシュン・アクトゥ
独占禁止法 連邦取引委員会法













カルテル コンチェルン トラスト 競争法
独占活動

























ICT用語索引
記号 数字 A B C
D E F G H
I J K L M
N O P Q R
S T U V W
X Y Z

ワ・ヲ        

ICT用語辞典リンク集
ICT用語解説サイト120

バナースペース

パステム