本文へスキップ

 

 

ICT用語の意味と同義語


【 フォーサーズ の意味 】
出典: フォーサーズシステム 『フリー百科事典 ウィキペディア日本語版(Wikipedia)』 最終更新 2018年4月21日 (土) 09:13 UTC、URL: https://ja.wikipedia.org/

フォーサーズシステム(Four Thirds System)は、デジタル一眼レフカメラにおける共通規格のひとつである。日本の光学機器メーカーオリンパスとアメリカの写真用フィルム・写真機器メーカーコダックによって提唱された。名称の由来となった4/3型(約17.3mm×13mm)のイメージセンサーと、これに適する標準規格化されたレンズマウント及びデジタル専用設計の交換レンズが規格の中核となっている。 ・・・
出典: マイクロフォーサーズシステム 『フリー百科事典 ウィキペディア日本語版(Wikipedia)』 最終更新 2018年2月28日 (水) 02:22 UTC、URL: https://ja.wikipedia.org/

マイクロフォーサーズシステム(Micro Four Thirds System )は、レンズ交換式デジタルカメラにおける共通規格のひとつであり、フォーサーズシステムの拡張規格である。オリンパスとパナソニックによって策定され、2008年8月5日に発表された。同年10月31日には1号機であるパナソニック・ルミックスDMC-G1が発売された。

[概要] デジタル一眼レフカメラの規格であるフォーサーズシステムの仕様をミラーレス構造に最適化したもので、レンズマウントについて以下の変更が加えられている。イメージセンサー自体の大きさはフォーサーズシステムと同じである。フランジバックの長さを約半分(約20mm)に短縮マウント外径を約6mm縮小マウント電気接点を11点に増加フランジバックが短縮されることで、同一の光束を通すマウント外径が約6mm縮小した。この変更により、これまでのフォーサーズシステムよりもボディ・レンズの一層の小型軽量化・薄型化が実現可能となる。 ・・・

【 ICT用語辞典へ(外部リンク)】


【 フォーサーズ の同義語と関連語 】
< 1 >
17.3×13mm 18×13.5mm 4/3インチ 4/3システム
4/3型 Four Thirds System フォーサーズ・システム フォーサーズシステム




















3分の4 Four Thirds フォーサーズ マイクロフォーサーズ
マイクロフォーサーズシステム
























【 フォーサーズ の同義語と関連語 】
< 2 >
http://www.four-thirds.org/jp/microft/ Micro Four Thirds Micro Four Thirds System マイクロフォーサーズ
マイクロフォーサーズシステム マイクロフォーサーズ規格





















デジタル一眼カメラ フォーサーズ フォーサーズシステム フォーサーズ規格
ミラーレス ミラーレス一眼カメラ レンズ交換式デジタルカメラ























ICT用語索引
記号 数字 A B C
D E F G H
I J K L M
N O P Q R
S T U V W
X Y Z

ワ・ヲ        

ICT用語辞典リンク集
ICT用語解説サイト120

バナースペース

パステム