本文へスキップ

 

 

ICT用語の意味と同義語


【 フォーシーシーシーエー の意味 】
出典: Carrier aggregation 『フリー百科事典 ウィキペディア(Wikipedia)』 最終更新 30 March 2019, at 22:21 UTC、URL: https://en.wikipedia.org/

Carrier aggregation is a technique used in wireless communication to increase the data rate per user. Thereby multiple frequency blocks (called component carriers) are assigned to the same user. The maximum possible data rate per user is increased the more frequency blocks are assigned to a user. The sum data rate of a cell is increased as well because of a better ressource utilization. In addition load balancing:p.42 is possible with carrier aggregation. ...

【 ICT用語辞典へ(外部リンク)】

キャリアアグリゲーションで超高速通信 (au)
キャリアアグリゲーション (KDDI)
Carrier aggregation (Wikipedia)

【 フォーシーシーシーエー の同義語と関連語 】
< 1 >
キャリアアグリゲーション 4 Component Carrier CA 4 Component Carrier Carrier Aggregation 4CC CA
4CC-CA 4帯域キャリアアグリゲーション carrier aggregation キャリア・アグリゲーション
キャリアゥ・アグリゲイシュン フォー・コンポーネント・キャリア・キャリア・アグリゲーション フォーァ・コンポウネントゥ・キャリアゥ・キャリアゥ・アグリゲイシュン フォーシーシー・シーエー
フォーシーシーシーエー














2CC CA 3CC CA Aggregation アグリゲイシュン
アグリゲーション 集合 集合体 集団























ICT用語索引
記号 数字 A B C
D E F G H
I J K L M
N O P Q R
S T U V W
X Y Z

ワ・ヲ        

ICT用語辞典リンク集
ICT用語解説サイト120

バナースペース

パステム