本文へスキップ

 

 

ICT用語の意味と同義語


【 フォトゥキャタリストゥ の意味 】
出典: 光触媒 『フリー百科事典 ウィキペディア日本語版(Wikipedia)』 最終更新 2018年7月5日 (木) 08:07 UTC、URL: https://ja.wikipedia.org/

光触媒(ひかりしょくばい、英: photocatalyst)は、光を照射することにより触媒作用を示す物質の総称である。また、光触媒作用は光化学反応の一種と定義される。通常の触媒プロセスでは困難な化学反応を常温で引き起こしたり、また化学物質の自由エネルギーを増加させる反応を起こす場合がある。天然の光触媒反応として光合成が挙げられるが、人工の化学物質を指すことが多い。

[酸化チタン] 代表的な光触媒活性物質として、酸化チタン (TiO2) が知られている。現在、実用化されている光触媒はこれと酸化タングステンだけである。 ・・・

【 ICT用語辞典へ(外部リンク)】


【 フォトゥキャタリストゥ の同義語と関連語 】
< 1 >
Photocatalyst ひかりしょくばい フォトゥキャタリストゥ 光化学触媒
光触媒





















































ICT用語索引
記号 数字 A B C
D E F G H
I J K L M
N O P Q R
S T U V W
X Y Z

ワ・ヲ        

ICT用語辞典リンク集
ICT用語解説サイト120

バナースペース

パステム