本文へスキップ

 

 

ICT用語の意味と同義語


【 ブルー・スクリーン・オブ・デス の意味 】
出典: ブルースクリーン 『フリー百科事典 ウィキペディア日本語版(Wikipedia)』 最終更新 2018年11月9日 (金) 13:53 UTC、URL: https://ja.wikipedia.org/

ブルースクリーン(英語: Blue Screen of Death, BSoD)とは、Microsoft Windowsにおいて、オペレーティングシステム (OS) に何らかの異常が発生した際に表示されるメッセージおよび、その画面全体を指す通称である。青い背景に文字が表示されることからこの名がついた。

[概要] OSの特性上、ダメージの進行が進むにつれ、ハードディスクやメモリ、CPUが保持する一時的、または永続的なデータを失う、または意図しないものになる可能性が高くなる。そのため、Windows自身やその他の装置がダメージを負わない状態にするために、ブルースクリーンの様な状態にし、必要な復帰処理状態に入る。大抵の場合、Windowsが必要とするファイルやレジストリデータの欠如および破損、不良メモリモジュールの使用やデバイスドライバなど周辺機器関連のトラブルが主な原因となる。 ・・・

【 ICT用語辞典へ(外部リンク)】

ブルースクリーン (Wikipedia)

【 ブルー・スクリーン・オブ・デス の同義語と関連語 】
< 1 >
ブルースクリーン 0x0000007E 0x0000008E 0x00000221
A disk read error BAD_POOL_HEADER blúː skríːn əv déθ Blue Screen of Death
blue screen BSoD c0000218 c000021a
IRQL_NOT_LESS_OR_EQUAL MEMORY_MANAGEMENT_ERROR STATUS_IMAGE_CHECKSUM_MISMATCH Unknown Hard Error
Unmountable_boot_Volume あおまど グリーンスクリーン ストップエラー
ブルー・スクリーン・オブ・デス ブルーバックスクリーンエラー リソース競合 青窓




Red Screen of Death RSoD サッドマック パニック
レッドスクリーン 爆弾アイコン
























ICT用語索引
記号 数字 A B C
D E F G H
I J K L M
N O P Q R
S T U V W
X Y Z

ワ・ヲ        

ICT用語辞典リンク集
ICT用語解説サイト120

バナースペース

パステム