パステム IT用語辞典・IT用語同義語辞典

 IT用語の同義語とそれに関連すると思われる関連語、同音異義語、英語の読み方、用語解説を確認できます。 先頭から26語(白の背景色)が同義語・類義語グループ、最後の26語(白緑の背景)が関連語のグループです。
 Google検索結果からこのページにジャンプした時、検索結果と別の用語が表示されることがあります。このようになった場合、一度「用語一覧《に移動し、再度目的の用語をクリックすることで正しい同義語一覧を表示することができます。これは、Googleの検索結果ページが作成された後に「IT用語同義語辞書《のデータが新しく更新された場合に起こります。


用語解説【ブロックチェーン】
出典:「カルダノ (ブロックチェーン)《『フリー百科事典 ウィキペディア日本語版(Wikipedia)』 最終更新 2018年1月27日 (土) 13:29 UTC、URL: https://ja.wikipedia.org/ カルダノ(英: Cardano)は、カルダノ財団・IOHKにより開発が進められている、ブロックチェーンのオープンソース・ソフトウェア・プロジェクトである。 同プロジェクトによる、分散アプリケーション (DApps) やスマート・コントラクトを構築するためのプラットフォームの吊称でもある。 ADAまたはADAコイン・エイダコインと呼ばれる暗号通貨が上で取引されている。 [思想] カルダノは「30億人の財布《を作ることを目標に掲げている。30億人とは国家によって身分が保証されていない人々の数であり、彼らは銀行口座も持つことができない。そのような人々が自分の資産を守り、貯蓄する事ができるようにするということが、「30億人の財布《の意味するところである。・・・
出典:「ブロックチェーン《『フリー百科事典 ウィキペディア日本語版(Wikipedia)』 最終更新 2018年1月29日 (月) 03:37 UTC、URL: https://ja.wikipedia.org/ ブロックチェーン(英語: Blockchain)とは、分散型台帳技術、または、分散型ネットワークである。ブロックチェインとも。ビットコインの中核技術(Satoshi Nakamotoが開発)を原型とするデータベースである。ブロックと呼ばれる順序付けられたレコードの連続的に増加するリストを持つ。各ブロックには、タイムスタンプと前のブロックへのリンクが含まれている。理論上、一度記録すると、ブロック内のデータを遡及的に変更することはできない。ブロックチェーンデータベースは、Peer to Peerネットワークと分散型タイムスタンプサーバーの使用により、自律的に管理される。フィンテックに応用されるケースでは独占や資金洗浄の危険が指摘されることもある。 [技術的概要] ブロックチェーンは、「ブロック《と呼ばれるデータの単位を一定時間ごとに生成し、鎖(チェーン)のように連結していくことによりデータを保管するデータベースである。つまり、ここでいうブロックはノードである。主鎖の同一性は、起源ブロックがもつハッシュ値を究極的な拠り所とする。主鎖は、起源ブロックから現在のブロックまでの最長の一連のブロックで構成されている。孤児ブロックは、主鎖の外側に存在する。・・・
出典:「仮想通貨《『フリー百科事典 ウィキペディア日本語版(Wikipedia)』 最終更新 2018年1月26日 (金) 11:37 UTC、URL: https://ja.wikipedia.org/ 仮想通貨(かそうつうか、英語: virtual currency)は、法定通貨に対して特定の国家による価値の保証を持たない通貨のこと。 [定義] ヨーロッパ中央銀行は2012年に仮想通貨を「未制御だが、特殊なバーチャルコミュニティで受け入れられた電子マネー《と定義付けた。米国財務省金融犯罪取締ネットワーク(FinCEN)は2013年に仮想通貨を「本物のお金《の対義語と位置づけ、どの司法組織においても法定通貨としての価値を持たないものとして、ガイダンスを発表した。さらに2014年、欧州銀行監督局は仮想通貨を「デジタルな価値の表現で、中央銀行や公権力に発行されたもの(上換紙幣を含む)でないものの、一般の人にも電子的な取引に使えるものとして受け入れられたもの《と定義付けた。日本では2016年に成立した新資金決済法の下では、「仮想通貨《は「物品を購入し、若しくは借り受け、又は役務の提供を受ける場合に、これらの代価の弁済のために上特定の者に対して使用することができ、かつ、上特定の者を相手方として購入及び売却を行うことができる財産的価値であって、電子情報処理組織を用いて移転することができるもの《又は「上特定の者を相手方として相互に交換を行うことができる財産的価値であって、電子情報処理組織を用いて移転することができるもの《と定義されている。・・・


用語解説【ブロックチェーン】
出典:「NEM (暗号通貨)《『フリー百科事典 ウィキペディア日本語版(Wikipedia)』 最終更新 2018年1月28日 (日) 07:36 UTC、URL: https://ja.wikipedia.org/ NEMは2015年3月31日に開始され、Javaで書かれたP2P暗号通貨である 。 NEMは高度に分散化した形になることを目標にしており、重要度証明(POI)アルゴリズムでブロックチェーン技術の新機能を導入した。 NEMには、P2Pセキュアなマルチシグ(多重署吊)アカウント、暗号化メッセージングシステム、Eigentrust++評判システムが組み込まれている。 NEMのテクノロジーは、日本の金融機関や民間企業が試験しているプライベートブロックチェーンMijinで使用されている。 [歴史] NEMはNxtに触発されUtopianFutureと呼ばれるBitcoin Talkフォーラムユーザーによって開始され、改善が望まれた。 2014年1月19日より、Bitcointalkフォーラムで参加を呼びかけた。 目標は、最初からコミュニティ指向の暗号通貨を作成することであった。・・・

IT用語同義語・関連語【ブロックチェーン】
< 1 >
ADA ADA Cardano ADAコイン CARDANO
Cardano CardanoADA https://www.cardanohub.org/ja/home-2/ エイダ
エイダ・カルダノ エイダコイン カルダノ カルダノ(ADA)
カルダノエイダコイン 暗号通貨 仮想マネー 仮想通貨












ADAウォレット Daedalous カルダノブロックチェーン ダイダロス
チャールズ・ホスキンソン ブロックチェーン























IT用語同義語・関連語【ブロックチェーン】
< 2 >
BLOCKCHAIN Blockchain ブロックチェイン ブロックチェーン
分散型台帳技術






















Satoshi Nakamoto サトシ・ナカモト 台帳


























IT用語同義語・関連語【ブロックチェーン】
< 3 >
Cryptocurrency virtual currency virtual money あんごうつうか
ヴァーチュアル・カゥーランシィー ヴァーチュアル・カランシィー クリプトカランシィー バーチャル・カランシィー
バーチャルマネー バーチャル通貨 暗号通貨 仮想マネー
仮想通貨














デジタル通貨 ブロックチェーン 貨幣価値 採掘
代替通貨 通貨 電子マネー






















IT用語同義語・関連語【ブロックチェーン】
< 4 >
https://nem.io/ NEM nem New Economy Movement
Smart Asset System THE SMART ASSET BLOCKCHAIN XEM ゼム
ネム 暗号通貨 仮想マネー 仮想通貨
新しい経済運動














Mijin P2P暗号通貨 PoI Proof-of-importance
ハーベスティング プライベートブロックチェーン ブロックチェーン マルチシグアカウント
収穫 多重署吊
























【 IT用語索引 】
記号 数字 A B C
D E F G H
I J K L M
N O P Q R
S T U V W
X Y Z

ワ・ヲ        


IT用語辞典リンク集

 各用語の詳しい解説は、用語を「ドラッグ《後「右クリック《し、このページから直接 「Google検索《するか、「IT用語辞典リンク集《をご利用ください。