本文へスキップ

 

 

ICT用語の意味と同義語


【 ブルーブック の意味 】
出典: CD EXTRA 『フリー百科事典 ウィキペディア日本語版(Wikipedia)』 最終更新 2017年5月25日 (木) 23:43 UTC、URL: https://ja.wikipedia.org/

CD EXTRA/CD-EXTRA(シーディー エクストラ 正式名称:Enhanced Music Compact Disc)は一枚のCDにCD-DA(音楽)とデータを共存させているマルチセッションCD、あるいはブルーブックに規定されている仕様の名称である。英語圏では Enhanced CD と呼ばれ、音楽CDのボーナス・ディスクとして付いて来る場合が多い。利用者は音楽を一般的なオーディオプレーヤー、データをパソコンで表示・実行することが出来る。

[ミックスモードCD] CD EXTRAと同じような規格として、ミックスモードCDがあげられる。CD EXTRAでは音楽用のセッションとデータ用のセッションに分けているが、ミックスモードCDはデータ用と音楽用の領域を、通常の音楽CDと同じくディスク自体を一つのセッションで記録している。1トラック目にデータが記録され、2トラック目以降は音楽データが記録されている。ミックスモードCDでは、1トラック目をオーディオプレーヤーで再生すると、激しい雑音が発生することにより機器や人体に障害を及ぼす危険があるなどの欠点があった。これらの欠点を改良したものがCD EXTRAである。 ・・・

【 ICT用語辞典へ(外部リンク)】


【 ブルーブック の同義語と関連語 】
< 1 >
CD EXTRA CD Extra CD Plus CD-EXTRA
CD-PLUS CDエクストラ Enhanced CD Enhanced Music Compact Disc
エンハェンツトゥ・シィーディー シーディー エクストラ シーディー・エクストラ シーディーエクストラ
シーディエクストラ














Blue Book mix mode CD Mixed-Mode CD ブルーブック
マルチセッションCD ミックスモードCD
























ICT用語索引
記号 数字 A B C
D E F G H
I J K L M
N O P Q R
S T U V W
X Y Z

ワ・ヲ        

ICT用語辞典リンク集
ICT用語解説サイト120

バナースペース

パステム