本文へスキップ

 

 

ICT用語の意味と同義語


【 フルゥリン の意味 】
出典: フッ素 『フリー百科事典 ウィキペディア日本語版(Wikipedia)』 最終更新 2019年3月19日 (火) 07:11 UTC、URL: https://ja.wikipedia.org/

フッ素(フッそ、弗素、英: fluorine)は原子番号 9 の元素。元素記号はラテン語のFluorumの頭文字よりFが使われる。原子量は 18.9984 で、最も軽いハロゲン元素。また、同元素の単体であるフッ素分子(F2、二弗素)をも示す。 ・・・

[名称] フランスのアンドレ=マリ・アンペールがfluorineと名付けた。この名前は蛍石 (Fluorite) にちなんでいる。アンペールはその後、phthorineに名前を改めた。ギリシア語の「破壊的な」という語に由来している。ギリシア語は、アンペールの新名称 (Φθόριο) を採用した。しかしながら、イギリスのハンフリー・デーヴィーがfluorineを使い続けたため、多くの言語ではfluorineに由来する名称が定着した。日本語の「弗素」も、ドイツ語のFluorの音訳の1文字目から取られたものである。

[用途] その性質上、フッ素を単体で使う場面は少なく、フッ化カルシウム (CaF2) と硫酸 (H2SO4) から生成するフッ化水素 (HF) を介して利用されることが多い。ウラン235 (235U) 濃縮のため、揮発性の高いフッ化ウラン (UF6) を製造する目的で単体フッ素が利用されることは、特筆すべき事柄である。フッ素を添加した合成樹脂やゴムは、酸・アルカリ性の薬品や摩耗などに対して耐久性が高まるため、半導体製造装置や自動車などの部品・部材に使われる。 ・・・

【 ICT用語辞典へ(外部リンク)】

フッ素 (Wikipedia)

【 フルゥリン の同義語と関連語 】
< 1 >
フッ素 atomic number 9 F F2
flúərìːn flˈɔːr)riːn Fluorine fluorine
Fluorum アトーミック・ナンバゥー・ナイン アトミック・ナンバー・ナイン ふっそ
フッそ フルゥリーン フルゥリン フルーリン
フロリン 原子番号9 二弗素 弗素








fluoride háidrədʒən flúəràid hydrogen fluoride ハイドゥロジェン・フロゥーァライドゥ
フッ化水素 フッ化物 フルアライド フルゥーァライドゥ
フロゥーァライドゥ





















ICT用語索引
記号 数字 A B C
D E F G H
I J K L M
N O P Q R
S T U V W
X Y Z

ワ・ヲ        

ICT用語辞典リンク集
ICT用語解説サイト120

バナースペース

パステム