本文へスキップ

 

 

ICT用語の意味と同義語


【 フレーム検出シーケンス の意味 】
出典: Frame Check Sequence 『フリー百科事典 ウィキペディア日本語版(Wikipedia)』 最終更新 2015年9月30日 (水) 00:38 UTC、URL: https://ja.wikipedia.org/

Frame Check Sequence (フレームチェックシーケンス、以下FCSと略す)は通信プロトコルにおいてデータの誤り検出および訂正を行うため、フレーム内に付け加えられる特別なチェックサム符号のことである。

[概要]
フレームを送り出すホストコンピュータはその各々のフレームのチェックサムを計算し、その結果をフレームに記載してから送出、フレームを受け取ったホストコンピュータは同じアルゴリズムでチェックサムを再計算、記載されているチェックサムと計算結果が同じかどうか突合せ、同一の場合、データは正常なものとして受託、異なった場合はデータは破損しているものとみなし破棄、送出したホストコンピュータに同じフレーム再送を要求する。 CRCはFCSを計算する際によく用いられる。 ・・・

【 ICT用語辞典へ(外部リンク)】

Frame Check Sequence (Wikipedia)

【 フレーム検出シーケンス の同義語と関連語 】
< 1 >
FCS Frame Check Sequency frame check sequency freɪm tʃék síːkwənsi
エフシーエス フレイム・チェック・シィークヮンスィー フレーム・チェック・シーケンス フレームチェックシーケンス
フレーム検出シーケンス


















誤り訂正符号





























ICT用語索引
記号 数字 A B C
D E F G H
I J K L M
N O P Q R
S T U V W
X Y Z

ワ・ヲ        

ICT用語辞典リンク集
ICT用語解説サイト120

バナースペース

パステム