本文へスキップ

 

 

ICT用語の意味と同義語


【 フレームシーケンシャル方式 の意味 】
出典: 立体テレビ放送 『フリー百科事典 ウィキペディア日本語版(Wikipedia)』 最終更新 2017年6月3日 (土) 17:39 UTC、URL: https://ja.wikipedia.org/

立体テレビ放送(りったいテレビほうそう)とは、視聴者に立体的な映像を表示することができる3次元ディスプレイ(薄型テレビ等)に向けたテレビ放送のことである。3Dテレビ放送とも。視聴者が被写体を自由な視点から観察できる「自由視点テレビ」などを前提とした、新しいテレビ放送も含まれる。

[概要]
 2010年現在、3D映像を放送するための放送方式は、日本および世界的にも標準化が進んではいない。 3D映画を含めれば、立体動画を記録・伝送する基本的な方式には「サイド・バイ・サイド」方式と「ライン・バイ・ライン」(インターレース)方式の2つがあるが、世界的には試験放送や実用放送をして進められている3Dテレビ放送としては「サイド・バイ・サイド」方式にほぼ定着している。他の方式には「トップ・アンド・ボトム」、「フレームシーケンシャル」や「フレームパッキング」もある。 ・・・
出典: 3Dメガネ 『通信用語の基礎知識』 更新年月日 2014/01/09,URL: https://www.wdic.org

立体表示技術による3D映像の実現方法の一つ、「眼鏡式」で用いる、専用のメガネのこと。

[概要]
 メガネと言っても、度が入っているわけではない。普段使っている度入りの眼鏡はそのままで、その上に着けて使用する。映像自体に特殊な加工があり、それをこの3Dメガネを使用することによって左右の眼に映像を振り分ける。大きく、次のようなものがある。
● アナグリフ (いわゆる赤青メガネ)
● 偏光めがね式 (主として映画館で使用)
● 液晶シャッターめがね式 (3Dテレビでの標準) ・・・

【 ICT用語辞典へ(外部リンク)】

立体テレビ放送 (Wikipedia)
3Dメガネ (通信用語の基礎知識)

【 フレームシーケンシャル方式 の同義語と関連語 】
< 1 >
3Dテレビ放送 3Dテレビ 3D映像 3D表示方式
3D放送 3次元ディスプレイ スリーディー・テレビ りったいテレビほうそう
立体テレビ放送


















アクティブシャッターメガネ方式 アナグリフ サイドバイサイド方式 トップアンドボトム方式
フレームシーケンシャル方式 フレームパッキング方式























【 フレームシーケンシャル方式 の同義語と関連語 】
< 2 >
3Dメガネ 3D眼鏡 Active Shutter Glasses 3D Technology Active Shutter Glasses Technology
アクティブシャッターメガネ アクティブシャッターメガネ方式 アクティブシャッター方式 アクティブステレオ方式
スリーディー・メガネ フレームシーケンシャル方式 液晶シャッターメガネ 液晶シャッター眼鏡
液晶シャッター方式














3Dディスプレイ 3次元ディスプレイ アクティブ方式3Dテレビ 赤外線方式
無線式

























ICT用語索引
記号 数字 A B C
D E F G H
I J K L M
N O P Q R
S T U V W
X Y Z

ワ・ヲ        

ICT用語辞典リンク集
ICT用語解説サイト120

バナースペース

パステム