本文へスキップ

 

 

ICT用語の意味と同義語


【 フレームワーク の意味 】
出典: Cocoa 『フリー百科事典 ウィキペディア日本語版(Wikipedia)』 最終更新 2016年12月30日 (金) 00:09 UTC、URL: https://ja.wikipedia.org/

Cocoaは、macOS用のアプリケーションを構築するためのフレームワーク (API) であり、macOSのアプリケーション開発環境の中で主要な物の一つ。NeXTSTEP (OPENSTEP) のAPIをベースとしており、macOS向けのネイティブ・アプリケーションを構築するのに適している。逆に、これまでのClassic Mac OS(Mac OS 9.xまでのMac OS)向けのアプリケーションを構築する目的で使用することはできない。一般に、Cocoaを利用したアプリケーションを構築する場合、アップルから提供される統合開発環境であるXcode(Project Builderの後継)及び Interface Builderを使用する。

[アーキテクチャ] CocoaはObjective-Cをコア言語とするオブジェクト指向フレームワークである。 ・・・
出典: アプリケーションフレームワーク 『フリー百科事典 ウィキペディア日本語版(Wikipedia)』 最終更新 2019年3月30日 (土) 16:23 UTC、URL: https://ja.wikipedia.org/

アプリケーションフレームワーク (英: application framework) とは、プログラミングにおいて、アプリケーションソフトウェアの標準構造を実装するのに使われるライブラリ(サブルーチンやクラスなど)の集まりである。単にフレームワークとも呼ぶ。

[概要] 多くの再利用可能なコードをフレームワークにまとめることによって、開発者の手間を省き、新たなアプリケーションのために定形的で標準的なコードを毎回改めて書かなくて済むようにする。アプリケーションフレームワークは特に、グラフィカルユーザインタフェース (GUI) が普及するにつれて一般化してきた。 ・・・

【 ICT用語辞典へ(外部リンク)】

Cocoa (Wikipedia)
アプリケーションフレームワーク (Wikipedia)

【 フレームワーク の同義語と関連語 】
< 1 >
Cocoa Cocoa API Cocoaフレームワーク ココア
ココアエーピーアイ






















API フレームワーク



























【 フレームワーク の同義語と関連語 】
< 2 >
アプリケーションフレームワーク AF Application Frameworks アプリケーション フレーム ワーク
アプリケーション・フレーム・ワーク オブジェクトセット フレームワーク



















































ICT用語索引
記号 数字 A B C
D E F G H
I J K L M
N O P Q R
S T U V W
X Y Z

ワ・ヲ        

ICT用語辞典リンク集
ICT用語解説サイト120

バナースペース

パステム