本文へスキップ

 IT用語同義語辞典

 

IT用語同義語辞典


用語解説【イオウ】
出典: 硫黄 『フリー百科事典 ウィキペディア日本語版(Wikipedia)』 最終更新 2017年9月24日 (日) 23:04 UTC、URL: https://ja.wikipedia.org/

硫黄(いおう、英: sulfur, 羅: sulphur)は原子番号 16、原子量 32.1 の元素である。元素記号は S。酸素族元素の一つ。多くの同素体や結晶多形が存在し、融点、密度はそれぞれ異なる。沸点 444.674 ℃。大昔から自然界において存在が知られている。

[名称] 硫黄の英名 sulfur は、ラテン語で「燃える石」を意味する語に由来する。 [用途]硫黄から製造される硫酸は化学工業上、最も重要な酸である。一般的に酸として用いられるのは希硫酸、脱水剤や乾燥剤に用いられるのは濃硫酸である。また、種々の硫黄を含んだ化合物が合成されている。硫黄は黒色火薬の原料であり、合成繊維、医薬品や農薬、また抜染剤などの重要な原料であり、さまざまな分野で硫化物や各種の化合物が構成されている。 ・・・

各社ICT用語辞典へリンク (外部サイト)
硫黄 (コトバンク)
硫黄 (Wikipedia)

IT用語同義語・関連語【イオウ】
< 1 >
硫黄 atomic number 16 S Sulfur
sulfur Sulphur sulphur アトーミック・ナンバゥー・シィックスティーン
アトミック・ナンバー・シィックスティーン いおう イオウ サルファー
ソルファ ソルファー 原子番号16











































【 IT用語同義語辞典索引 】
記号 数字 A B C
D E F G H
I J K L M
N O P Q R
S T U V W
X Y Z

ワ・ヲ        

IT用語辞典リンク集
 用語詳細はドラッグ後ウェブ検索,
外部リンク,IT用語辞典リンク集

バナースペース

パステム