本文へスキップ

 


ICT用語同義語辞典サイト内検索

 

ICT用語の意味と同義語

【 「域内包括的経済連携」又はそれに関連する用語の意味 】
出典: 東アジア地域包括的経済連携 『フリー百科事典 ウィキペディア日本語版(Wikipedia)』 最終更新 2019年9月3日 (火) 08:33 UTC、URL: https://ja.wikipedia.org/

 東アジア地域包括的経済連携(ひがしアジアちいきほうかつてきけいざいれんけい、英:Regional Comprehensive Economic Partnership(RCEP)、アールセップ、域内包括的経済連携)は、東南アジア諸国連合加盟10ヶ国に、日本、中国、韓国、インド、オーストラリア、ニュージーランドの6ヶ国を含めた計16ヶ国でFTAを進める構想。英題のRCEPには「東アジア」の語は含まれないが、日本政府は、EAFTA、CEPEAと議論されてきたこと等から「東アジア地域包括的経済連携」という呼称をもちいている。

[概要]
 従来、中国が2005年4月から提唱してきた「東アジア自由貿易圏(EAFTA(英語); ASEAN+3)」と、日本が2007年6月から提唱してきた「東アジア包括的経済連携(CEPEA; ASEAN+6)」が併存しており、双方について、これまで、民間研究および政府間の検討作業が実施されてきた。2011年8月の日中共同提案「EAFTAおよびCEPEA構築を加速させるためのイニシアチブ」を受け、同年11月に、ASEAN首脳は両構想を踏まえ、ASEANとFTAを締結しているFTAパートナー諸国とのRCEPを設立するためのプロセスを開始することで一致した。 ・・・

デル株式会社 デル株式会社

【 他のICT用語辞典へ(外部リンク)】

東アジア地域包括的経済連携 (Wikipedia)



【 域内包括的経済連携 の同義語と関連語 】
< 1 >
RCEP Regional Comprehensive Economic Partnership ríːdʒnəl kὰmprɪhénsɪv èkənάmɪk èkənάmɪk pάɚtnɚʃìp リージナゥルゥ カンプリヘンスィヴ イェカゥナミック パーァトゥナシップ
リージナゥルゥ・カンプリヘンスィヴ・イェカゥナミック・パーァトゥナシップ リージョナル コンプリヘンシブ エコノミック パートナーシップ リージョナル・コンプリヘンシブ・エコノミック・パートナーシップ アールセップ
域内包括的経済連携 いきないほうかつてきけいざいれんけい ikinai houkatsu teki keizai renkei 東アジア地域包括的経済連携
ひがしアジアちいきほうかつてきけいざいれんけい higashi ajia chiiki houkatsu teki keizai renkei













Regional ríːdʒnəl リージナゥルゥ リージョナル
地方の 地域の 地域的な 局部的な
Comprehensive kὰmprɪhénsɪv カンプリヘンスィヴ
コンプリヘンシブ 広範囲な 包括的な
Partnership pάɚtnɚʃìp パーァトゥナシップ パートナーシップ
共同 協力 事業提携 じぎょうていけい
jigyou teikei

更新日:2020年 8月22日




ICT用語索引
記号 数字 A B C
D E F G H
I J K L M
N O P Q R
S T U V W
X Y Z

ワ・ヲ        
背景薄緑色の文字が編集完了です
ICT用語辞典リンク集
ICT用語解説サイト120

バナースペース

     P A S T E M