本文へスキップ

 

 

ICT用語の意味と同義語


【 いっぱんかこうばいきんじ の意味 】
出典: 一般化勾配近似 『フリー百科事典 ウィキペディア日本語版(Wikipedia)』 最終更新 2017年5月9日 (火) 06:37 UTC、URL: https://ja.wikipedia.org/

一般化勾配近似(いっぱんかこうばいきんじ、英: Generalized Gradient Approximation, GGA)は、電子状態計算で用いられる局所密度近似を越える試みの一つ。一般化された密度勾配近似などとも訳される。密度汎関数法では電子間の相互作用である交換相関項は電荷密度で表現されるが、その電荷密度は一様な電子ガスとして解かれた表式を利用するのが局所密度近似である。現実の電荷密度の分布は一様でないので、この一様とする近似を超えて電荷密度の勾配の効果を導入することにより局所密度近似の精度を上げようという試みは古くからあった。 ・・・

【 ICT用語辞典へ(外部リンク)】

一般化勾配近似 (Wikipedia)

【 いっぱんかこうばいきんじ の同義語と関連語 】
< 1 >
GGA Generalized gradient approximation いっぱんかこうばいきんじ ジージーエー
ジェネララゥイズトゥ・グレイディアントゥ・アプラクサゥメイシュン ジェンレライズド・グラディエント・アプロクシメーション 一般化された密度勾配近似 一般化勾配近似
密度勾配近似


















局所密度近似






























ICT用語索引
記号 数字 A B C
D E F G H
I J K L M
N O P Q R
S T U V W
X Y Z

ワ・ヲ        

ICT用語辞典リンク集
ICT用語解説サイト120

バナースペース

パステム