本文へスキップ

 

 

ICT用語の意味と同義語


【 イテレーター の意味 】
出典: イテレータ 『フリー百科事典 ウィキペディア日本語版(Wikipedia)』 最終更新 2019年2月2日 (土) 03:26 UTC、URL: https://ja.wikipedia.org/

 イテレータ(英語: iterator)とは、プログラミング言語において配列やそれに類似する集合的データ構造(コレクションあるいはコンテナ)の各要素に対する繰り返し処理の抽象化である。実際のプログラミング言語では、オブジェクトまたは文法などとして現れる。JISでは反復子(はんぷくし)と翻訳されている。

[各言語における例]
 C++
C++では、STLが外部イテレータの枠組みを定義している。この枠組みはポインタと互換性を持つよう定められているため、ポインタを用いてイテレータを構成することができる。 ・・・
Delphi
Delphiでは、バージョン2005よりfor-in構文によるイテレータがある。ユーザーによるイテレータはMoveNextメソッドやCurrentプロパティを任意のクラス等に実装することで定義でき、型に厳格なPascal系言語ながらこれらを実装するだけでfor-inにより認識されるというダックタイピングにも似た仕組みとなっている。 ・・・
Java
 Javaでは、Iteratorインターフェイス族を実装するオブジェクトが外部イテレータとなる。
Perl
Perlには、foreach、each といった繰り返しのキーワードがある。 他に、Tie機能 (変数操作のオーバーロード) でユーザーデータに対するイテレータを定義できる。
 PHP
PHPではIteratorインターフェイスを実装することにより、任意のイテレータを定義することができ、foreach、while といったキーワードでイテレータを簡単に利用することができる。 また、大抵のオブジェクトにはあらかじめイテレータが実装されている。
Python
Pythonは次の要素を返す__next__()メソッドを持つオブジェクトを外部イテレータとして使う。コンテナオブジェクトの__iter__()メソッドがイテレータを返す。(便宜上、イテレータの__iter__()は自身を返す)
Ruby
Rubyでは、Arrayなどのコンテナオブジェクトが、eachなどのイテレートするメソッドを持っている内部イテレータである。メソッド呼出しの直後に { ... } という書式で「ブロック」を書くと、その中の手続きが繰返し実行される。「ブロック付きメソッド」(あるいは、「ブロック付きメソッド呼び出し」)と言い、これをイテレータとも呼ぶ。
.NET言語
C#、VB.NETなどの.NET Frameworkに準拠する.NET言語において、反復子 (iterator) は値の順序付き列を産出 (yield) する文のブロック(狭義ではyield文を含むメソッド)を意味する。これを反復子ブロック (iterator block) とも呼ぶ。また、コレクションに対する列挙操作を行なう機能を提供するための媒介インターフェイスを列挙子 (enumerator) と呼び、IEnumeratorインターフェイスによって表す。 ・・・

【 ICT用語辞典へ(外部リンク)】

イテレータ (Wikipedia)

【 イテレーター の同義語と関連語 】
< 1 >
Forward Iterator fˈɔɚwɚd íṭərèɪtɚ フォァワードゥ イトゥレイタゥー フォァワードゥ・イトゥレイタゥー
フォーワード イテレーター フォーワード・イテレーター ぜんぽうはんぷくし 前方反復子




















Output Iterator ランダムアクセス反復子 出力反復子
iterator íṭərèɪtɚ イトゥレイタゥー イテレータ
イテレーター アイテレータ 反復子




















ICT用語索引
記号 数字 A B C
D E F G H
I J K L M
N O P Q R
S T U V W
X Y Z

ワ・ヲ        

ICT用語辞典リンク集
ICT用語解説サイト120

バナースペース

パステム