本文へスキップ

 

 

ICT用語の意味と同義語


【 イニシャル グラフィックス エクスチェーンジ スペシフィケーション の意味 】
出典: IGES 『フリー百科事典 ウィキペディア日本語版(Wikipedia)』 最終更新 2019年4月14日 (日) 09:25 UTC、URL: https://ja.wikipedia.org/

 IGES(アイジェス)は異なるCAD間でデータを交換する際に使用する中間ファイル・フォーマットの一つ。ANSIが策定し、自動車産業を中心に実質的に世界標準となっている。3次元データを扱う際によく用いられる。Initial Graphics Exchange Specificationの略。

[概要]
 日本自動車工業会(JAMA)により策定されたJAMA-ISはIGESのサブセット。
[仕様]
 1レコード80バイトの固定長によるアスキー形式。以下の5セクションで構成される。
● スタートセクション
● グローバルセクション
● ディレクトリ・エントリーセクション
● パラメータ・データセクション
● ターミネートセクション

【 ICT用語辞典へ(外部リンク)】

IGES (Wikipedia)

【 イニシャル グラフィックス エクスチェーンジ スペシフィケーション の同義語と関連語 】
< 1 >
IGES Initial Graphics Exchange Specification ɪníʃəl grˈæfɪks ekstʃéɪndʒ spèsəfɪkéɪʃən イヌゥシャルゥ グラェフィックス エクスチェインジ スペセフィケイシュン
イヌゥシャルゥ・グラェフィックス・エクスチェインジ・スペセフィケイシュン イニシャル グラフィックス エクスチェーンジ スペシフィケーション イニシャル・グラフィックス・エクスチェーンジ・スペシフィケーション アイジーイーエス
アイジェス


















JAMA-IS Specification spèsəfɪkéɪʃən
スペセフィケイシュン スペシフィケーション しよう しょげんひょう
スペック 仕様 仕様書 諸元表
設計書

















ICT用語索引
記号 数字 A B C
D E F G H
I J K L M
N O P Q R
S T U V W
X Y Z

ワ・ヲ        

ICT用語辞典リンク集
ICT用語解説サイト120

バナースペース

パステム