本文へスキップ

 


ICT用語同義語辞典サイト内検索

 

ICT用語の意味と同義語

【 「インタレストマッチ広告」又はそれに関連する用語の意味 】
出典: 行動ターゲティング広告 『フリー百科事典 ウィキペディア日本語版(Wikipedia)』 最終更新 2020年1月9日 (木) 13:28 UTC、URL: https://ja.wikipedia.org/

 行動ターゲティング広告(こうどうターゲティングこうこく)とは、広告の対象となる顧客の行動履歴を元に、顧客の興味関心を推測し、ターゲットを絞ってインターネット広告配信を行う手法。例えば、旅行関連のページを最近訪れたことがあったり、航空会社の広告をクリックしたことがあるユーザーは、「旅行」というジャンルに興味関心があると判定し、「旅行」関連の広告を配信するといったもの。ここでいう「行動」は、ページの閲覧、広告のクリック、検索のキーワードなどを指し、広告の配信を行う媒体・事業者によって定義は異なる。コンテンツ連動型広告を併用している場合が多い。行動ターゲッティング広告は、追跡型広告(ついせきがたこうこく)やリターゲティング広告とも呼ばれる。

[行動ターゲティングで期待される成果]
 行動ターゲティングは、特定のジャンルに興味関心を持つ顧客に絞って広告を見せることができるため、広告効果を高めることができ、無駄な広告の露出を控えることにもつながるため、結果として費用対効果が高くなることが挙げられる。また、年齢・性別などの属性による静的な広告配信と比べると、直近のユーザーの行動に沿ってダイナミックに広告を表示することができる。 ・・・



【 他のICT用語辞典へ(外部リンク)】

行動ターゲティング広告 (Wikipedia)
行動ターゲティング広告 (コトバンク)
BT広告 (コトバンク)



【 インタレストマッチ広告 の同義語と関連語 】
< 1 >
BT広告 behavior targeting advertising behavior targeting advertisement behavior targeting ads
bihéivjər tɑ́ːgitiŋ ædz ビヘイヴュァー タゥーゲティング アェッズ ビヘイヴュァー・タゥーゲティング・アェッズ ビヘイビア ターゲティング アッズ
ビヘイビア・ターゲティング・アッズ ビヘイビアターゲティングアッズ ビヘイビアターゲティング広告 行動ターゲティング広告
ビーティーこうこく interest based ads インタレストベース広告
interest matching ads インタレストマッチ広告 interest targeting ads インタレストターゲティング広告
関心連動型広告 興味関心連動型広告 きょうみかんしんれんどうがたこうこく 追跡型広告
ついせきがたこうこく リターゲティング広告

閲覧履歴 行動履歴 behavior
bihéivjər ビヘイヴュァ ビヘイヴュァー ビヘイビュアー
ビヘイビア 行動 行為 ふるまい
targeting tɑ́ːgitiŋ タゥーゲティング
ターゲティング 照準 標的にする
ads ædz アェッズ アッズ
adの複数形 advertisingsの略
更新日:2020年 8月13日




ICT用語索引
記号 数字 A B C
D E F G H
I J K L M
N O P Q R
S T U V W
X Y Z

ワ・ヲ        
背景薄緑色の文字が編集完了です
ICT用語辞典リンク集
ICT用語解説サイト120

バナースペース

     P A S T E M



Dynabook Direct