本文へスキップ

 


ICT用語同義語辞典サイト内検索

 

ICT用語の意味と同義語

【 「インデックスカラー」又はそれに関連する用語の意味 】
出典: インデックスカラー 『通信用語の基礎知識』 更新年月日 2008/07/18,URL: https://www.wdic.org/

 色を扱うに際し、直接色の情報を扱うのではなく、あらかじめ定義されたカラーテーブル(パレット)へのインデックス情報を利用するもの。

[概要]
 例えばフルカラー(24ビット)が扱える環境であっても、利用する色を256色(8ビット分)以内に限定するなら、8ビットのインデックスで色を表現できる。同様に16色以内なら4ビットでインデックスが表現可能となる。
 あらかじめ、テーブル(パレット)に色番号を登録しておけば、以降はそのテーブルのインデックス番号(パレット番号)を利用するだけで色を扱えるため、データ量を大幅に削減する事が可能となる。
出典: インデックスカラー 『フリー百科事典 ウィキペディア日本語版(Wikipedia)』 最終更新 2020年2月18日 (火) 07:44 UTC、URL: https://ja.wikipedia.org/

 インデックスカラー(英: indexed color)とはビットマップ画像の一種。画素(ピクセル)毎に色を直接指定するのではなく、カラーマップと呼ばれる色定義テーブルの参照番号を指定して画像を表現する形式。

[概要]
 ロゴマークなどのデザイン画の場合、1枚の画像の中で使用されている色の数が限られている事が多い。この場合、あらかじめ使用している色を「色番号1は赤30%・緑20%・青40%、色番号2は赤4%・緑92%・青8%...」のように色番号で定義しておき、画素毎のデータとしてはこの色番号を指定するようにすれば、高い色解像度を持ちつつデータ量を大幅に抑える事ができるようになる。このような色表現の事を「インデックスカラー(indexed color)」と呼ぶ。対して、画素毎に直接色を指定する方式は「トゥルーカラー(true color)」または「フルカラー(full color)」と呼ばれる。 ・・・



【 他のICT用語辞典へ(外部リンク)】

インデックスカラー (通信用語の基礎知識)
インデックスカラー (Wikipedia)



【 インデックスカラー の同義語と関連語 】
< 1 >
インデックスカラー index color indexed color ˈɪndɛkst kˈʌlɚ
イェンデックストゥ カラゥー イェンデックストゥ・カラゥー インデックスト カラー インデックスト・カラー
インデックス カラー インデックス・カラー

















256色 パレットカラー パレット Palette
palette color CLUT Color Look Up Table カラールックアップテーブル



















更新日:2020年 3月 3日




ICT用語索引
記号 数字 A B C
D E F G H
I J K L M
N O P Q R
S T U V W
X Y Z

ワ・ヲ        
背景薄緑色の文字が編集完了です
ICT用語辞典リンク集
ICT用語解説サイト120

バナースペース

     P A S T E M



NEC「得選街」