本文へスキップ

 

 

ICT用語の意味と同義語

【 罫線が引かれた の意味 】
出典: 罫線 『フリー百科事典 ウィキペディア日本語版(Wikipedia)』 最終更新 2017年3月16日 (木) 07:09 UTC、URL: https://ja.wikipedia.org/

 罫線(けいせん、英語:rule)は罫(けい)ともいい、主にノートや便箋などに引かれた、揃えて書く事を助けることを目的とした線のことである。広義には表などの枠線も含む。例えば横書きでは、最も多いのは一定間隔毎に横に引かれた線である。これは普通一行分の幅毎に引かれる。

[罫線の種類]
 罫線は太さにより表罫(おもてけい)、中細罫、裏罫(うらけい)、四分罫などがある。表罫は約0.1mmで、裏罫は約0.45mmである。ノートの線には中細罫が使用されることが多い。JIS Z 8303において、帳票で使用される表の罫線は枠などには裏罫か中細罫、表内の区切りには中細罫か細罫を使用するよう規定されている。
● 波線の罫線を波罫という。
● 2本線になって一方が細いものを子持ち罫という。
● 破線のものをミシン罫という。
● 横方向の罫線を横罫、縦方向の罫線を縦罫と呼ぶ。 ・・・



【 他のICT用語辞典へ(外部リンク)】

罫線 (Wikipedia)



【 罫線が引かれた の同義語と関連語 】
< 1 >
a ruled line rule rúːl ruled line
rúːld lάɪn ルールゥドゥ ラゥイン ルールゥドゥ・ラゥイン ルールドゥ ライン
ルールドゥ・ライン けい けいせん ケイ線
ルールゥ 罫線 けい線
表罫 おもてけい 中細罫 ちゅうぼそけい
裏罫 うらけい 星罫 リーダー罫
破線罫 ミシン罫

rule rúːl ルールゥ ルール
規則 規定 法則 方式
標準 基準 定規 罫線
けい線 線を引く ruled
rúːld ルールゥドゥ ルールド 罫線が引かれた
罫線入りの 罫線を引いた








ICT用語索引
記号 数字 A B C
D E F G H
I J K L M
N O P Q R
S T U V W
X Y Z

ワ・ヲ        
背景薄緑色の文字が編集完了です
ICT用語辞典リンク集
ICT用語解説サイト120

バナースペース

パステム