本文へスキップ

 

 

ICT用語の意味と同義語


【 啓蒙の坂 の意味 】
出典: ハイプ・サイクル 『フリー百科事典 ウィキペディア日本語版(Wikipedia)』 最終更新 2019年2月19日 (火) 22:53 UTC、URL: https://ja.wikipedia.org/

 ハイプ・サイクル(英語: hype cycle、ハイプ曲線)は、特定の技術の成熟度、採用度、社会への適用度を示す図である。ガートナー社がこの用語を造り出した。

[理論]
 995年以来、ガートナー社はハイプ・サイクルを用いて、新技術の登場によって生じる過度の興奮や誇張(hype、ハイプ)、そしてそれに続く失望を説明している。 それはまた、技術がいかにしてそしていつ次の段階に進み、実際に利益を生み出し、そして広範に受け入れられるか、も示す。ガートナー社の唱えるハイプ・サイクルの目的は、現実から誇張(ハイプ)を切り離すことにより、CIOやCEOが特定技術の採用可否を判断できるようにすることである。 ・・・

【 ICT用語辞典へ(外部リンク)】

ハイプ・サイクル (Wikipedia)

HP Directplus -HP公式オンラインストア- HP Directplus -HP公式オンラインストア-
【 啓蒙の坂 の同義語と関連語 】
< 1 >
ハイプ・サイクル hype cycle hάɪp sάɪkl ハイプサイクル
ハイプ曲線






















hype hάɪp ハイプ
Plateau of Productivity Slope of Enlightenment Trough of Disillusionment ガートナー社
スロウプ オブ エンライグメントゥ トゥローフ オブ デッサリュージュメント プラトーウ オブ プロダクティヴィティ 安定期
回復期 啓蒙の坂 啓蒙活動期 幻滅のくぼ地
幻滅期 採用度 生産性の台地 適用度
反動期










ICT用語索引
記号 数字 A B C
D E F G H
I J K L M
N O P Q R
S T U V W
X Y Z

ワ・ヲ        
背景薄緑色の文字が編集完了です
ICT用語辞典リンク集
ICT用語解説サイト120

バナースペース

パステム