本文へスキップ

 

 

ICT用語の意味と同義語


【 軽量プログラム言語 の意味 】
出典: 軽量プログラミング言語 『フリー百科事典 ウィキペディア日本語版(Wikipedia)』 最終更新 2018年1月8日 (月) 23:20 UTC、URL: https://ja.wikipedia.org/

軽量プログラミング言語(英: lightweight language)は、2001年にMITで開催されたワークショップ「LL1: Lightweight Languages Workshop《のCFPによれば、何らかの実際の機能によるカテゴライズではなく、習得・学習・使用が容易な(The term "lightweight" refers not to actual functionality, but to the idea that these languages are easy to acquire, learn, and use.)プログラミング言語を指し、当時におけるそのような言語としてPerl・Python・Ruby・Scheme・Curlを例として挙げている。

[lightweight programming language] 2018年1月現在、英語版ウィキペディアでは「lightweight programming language《とは、「designed to have very small memory footprint, is easy to implement (important when porting a language), and/or has minimalist syntax and features.《であるとされており、例として Forth, Io, JavaScript, Lua, newLISP, Squirrel が挙げられている。 ・・・

【 ICT用語辞典へ(外部リンク)】


HP Directplus -HP公式オンラインストア- HP Directplus -HP公式オンラインストア-
【 軽量プログラム言語 の同義語と関連語 】
< 1 >
軽量プログラミング言語 Lightweight Language lightweight programming language ライトウェイト・ランゲージ
ラゥイトゥウェイトゥ・ラゥングウィッジ 軽量プログラム言語 軽量言語




















AWK bash csh ECMAScript
Lua Perl パール JavaScrpit
ActionScript JavaScript JScript PHP
Python Ruby Tcl VBScript
Clojure Curl Groovy Haskell
JavaFX Script PowerShell Scala Scheme








ICT用語索引
記号 数字 A B C
D E F G H
I J K L M
N O P Q R
S T U V W
X Y Z

ワ・ヲ        
背景薄緑色の文字が編集完了です
ICT用語辞典リンク集
ICT用語解説サイト120

バナースペース

パステム